貧乏兄さんの金持ち父さんへの道

給料アップ&投資による副収入アップで目指せ金持ち父さん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第11回 「銀行員の収入ってどうなのよ(地方銀行編)?」

こんにちは!貧乏兄さんです。
前回の「給料大解剖」のコーナーでは銀行員、それも大手都市銀行(いわゆりメガバンク)の方々の給料をご紹介しました。
正直、高収入でしたねぇ。
やはり、大手銀行の給料は下がったと言ってもまだまだ高水準にあるんだなぁという印象でした。
いやいやうらやましい。

今回は同じ銀行でも、いわゆる地方銀行(地銀)の方々の年収がどれくらいなのか探ってみたいと思います。
やはりメガバンク並みにたくさん給料をもらってらっしゃるのか、はたまたちょっと悲しい状況なのか、見てみましょう!

ちなみに、そもそも地銀には地方銀行(第1地銀)と第2地方銀行(第2地銀)という区分けがあります。
地方銀行は、もともとからある地方銀行のこと。
第2地銀は、もともとは相互銀行と呼ばれていた銀行です。
今回の「給料大解剖」で取り上げる「地方銀行」はこの第1地銀と第2地銀をあわせて「地方銀行」としようと思います。
ちょっとヤヤコシイっすね。

前置きは長くなりましたが、給料はこんな感じ!

地方銀行(第1地銀)
平均年収 約620万円

第2地銀
平均年収 約580万円

う、う~む正直上の数字は地銀のかなり厳しい実態を物語っていそうです…。
大手行が軒並み1000万円オーバーなのに比べると酷い有様。
でも、平均にすると600万円前後ですが、これは地銀によってか~なり収入にバラツキがあるからなんです。
代表的な収入の多い地銀と、収入の低い地銀を紹介してみちゃおうと思います。

収入の多い地銀
もみじホールディングス 980万円
第四銀行 850万円
四国銀行 830万円

収入の少ない地銀
ほくほくファイナンシャルグループ 213万円
福島銀行 396万円
大東銀行 478万円

正直、上記情報はちょっと古いものかもしれないので、現在全くこれと違うんだ!っていう指摘がありましたら、貧乏兄さんまでお知らせくださいませ。
収入の多い地銀は、四国銀行や第四銀行以外にも、地銀の中の優等生である「横浜銀行」「静岡銀行」「千葉銀行」なんかも同程度であると思われます。
しかし、もみじホールディングスは群を抜いていますねぇ。
収入の少ない地銀は…貧乏兄さんだったら速攻辞めてそうです(苦笑)
っていうか、はっきりいって生活に困ってしまいますね…。

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?
第8回 大学教授の収入ってどうなのよ?
第9回 教師の収入ってどうなのよ?
第10回 銀行員の収入ってどうなのよ(大手銀行編)?





banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

なるほど経済指標 十の巻 「家計調査ってなに?」

こんばんは!貧乏兄さんです!
本日はか~なり久々に「なるほど経済指標」をお届けしようと思います。
いや、サボってたわけじゃぁないんです。
今月(2005年8月)はあまりに株式市場が熱すぎて、そっちのエントリばっかりになっちゃった結果、その他のコーナーに手が回らなかったのであります(苦笑)

んで、本日はなんの指標を取り上げるかというと、「家計調査」を取り上げようと思います。
名前からある程度、指標の内容が想像つきそうですが、詳しい中身はどんなもんなんでしょうか??

◆経済指標 十の巻 「家計調査ってなに?」

家計調査とは総務省から毎月発表されている経済指標です。
名前の通り、各世帯の恥ずかしい家計の内情を赤裸々に公開しちゃってるわけです(笑)
貧乏兄さんはとてもお恥ずかしくて見せれませんが…全国で約8000世帯ものご家庭を対象に調査を行っているんだそうです。
対象となるのは、2人以上世帯です。
つまり、単身の世帯の方は対象にならないみたいですね。

この指標は、実際のデータを見ていただいたほうが分かりやすいと思うので、まずはこちらの実物家計調査データを見てみてください。

調査データは大きく、「農林漁業世帯」と「農林漁業を除く世帯」の2つに分かれていますが、通常は「農林漁業を除く世帯」のデータを見ます。
さらに、「農林漁業を除く世帯」は「勤労者世帯」「全世帯」に別れています。

中身をみてもらうと、かなり各世帯の家計に立ち入って調査していることが分かるかと思います(笑)
実収入・可処分所得から、かなり詳しい消費支出の内訳まで調査されてるんです。
ここまで詳細に調査されているため、投資家にとっては各項目の消費動向を知る上でかなり参考になる指標といえると思います。

また、注目して欲しいのが「消費性動向」という項目です。
これは各月の消費額を可処分所得で割ったもので、消費者の消費意欲の強さを表しています。
もちろん、「消費性動向」は高い方が良いです。
かなり注目すべき値であると貧乏兄さんは見てますんで、皆さんも「家計調査」が発表されたら、まずこの値を見てみてください!
個人消費の動向は日本経済の鍵とも言われてますからね。

「家計調査」は前回紹介した「マネーサプライ」なんかに比べたら、非常にとっつきやすい指標であると思います。
投資とは関係なしに、他人の家計の内訳を覗いてるみたいでちょっと楽しいですしね(笑)

~なるほど経済指標バックナンバー~
一の巻 GDPってなに?
二の巻 日銀短観ってなに? 
三の巻 機械受注ってなに?
四の巻 失業率ってなに?
五の巻 貿易・サービス収支ってなに?
六の巻 鉱工業生産ってなに?
七の巻 景気動向指数ってなに?
八の巻 消費者物価指数ってなに?
九の巻 マネーサプライってなに?



banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

台風お勧め銘柄

こんばんは!
貧乏兄さんです。

またまた首都圏を直撃しそうな台風(台風11号)が来てますね。
台風といえば皆さん、覚えておいででしょうか。
すっかりご無沙汰の「兄さんのお勧め銘柄」特集で、「台風・水害銘柄2005」(前編後編)を2回にわたって特集しました。

これから買うのは少し遅いかもしれませんが、これらの銘柄が台風でどれだけ騰がるか見てみるとちょっと面白いかもしれませんね。
(日経平均のここのところの上昇で既に騰がっちゃってるのもありますが…)

さて、こんな中貧乏兄さんはまたまた買ってしまいました(笑)

銘柄 滝沢鉄工所(6121)
買値 245円
株数 7000株

相場も天井ついた気配を見せてるんでやばいかなぁって思ってるんですが…。
どうなることやら。



banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

滝沢鉄工所ばっかり

こんにちは!
貧乏兄さんです。
すっかり忘れていたのですが、先週購入した滝沢鉄工所(6121)7000株を月曜日に売却しました。
ほんとショボイのですが、243円で購入したのを246円で売却。
でも、7000株買ってたので、儲けは+21,000円!

ちょっと後悔してるのは、246円で売却したあと、250円オーバーまで騰がったこと…。
読みきれませんでした…。
そして、弱気な自分が恥ずかしい(笑)。

銘柄 滝沢鉄工所(6121)
買値 243円
売値 246円
株数 7000株
損益 +21,000円

今月はささやかながら、着実に利益をあげてるんで楽しいです(笑)

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

今週の注目(2005年8月第4週)

いやぁ、ついに8月も第4週ですね。
夏になったばかりかと思ったら、もうすぐ秋。
早いもんです。
小学生や中学生・高校生なんかは、夏休みが残り少なくなって、非常にブルーな時期でしょうね。
その点、貧乏兄さんには夏休みがないので悲しむ必要がありまっせん(苦笑)

さてさて、今週の市場の展望です。
先週は12,291円で市場は取引を終えました。
ほぼ1週間で+-0だったわけですが、逆に「1万2千円台に完全に定着したな」っていう印象を確固たるものにしたという感じもします。

今週は特に注目すべき経済指標の発表もないんです(笑)。
でも、どこまで日経平均が上がり続けるのか、そこが注目ですね。
はっきりいって、もはやバブリーな勢いを感じて危険じゃぁないかなぁって思ってますが・・・。




banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第10回 「銀行員の収入ってどうなのよ(大手行編)?」

こんにちは、貧乏兄さんです!
今日はお待たせの給料大解剖第10回をお送りします!
ついに、このコーナーも10回を迎えたと言うことで、貧乏兄さんも感慨深いです。

さて、これまで給料大解剖のコーナーでは弁護士などの士族や教師など、いわゆる非サラリーマンの人の年収について多く取り上げてきました。
でも、これからはサラリーマンの人の給料にウェイトをシフトしていこうと思います。
なんてったって、日本はサラリーマンの国(笑)
サラリーマンの給料を取り上げないでは始まらないっすよね(笑)

というわけで、今日はサラリーマンの代表格(?)である銀行員の方達の収入についてご紹介します!
なんか、銀行ってサラリーマンにとってのブランド的な存在ですよね。
一昔前は、学歴のある人間は銀行に就職することが一つのステータスになっていました。
やはり、それは銀行が安定性に優れ高収入であり、世間体も良いからでしょう。
バブル崩壊後、銀行の地位は多少落ちてしまった感もありますが、それでもやはり根強い銀行人気。
それはやっぱり高収入であるからなんでしょうかね?
銀行員の方々、特に今日は大手銀行(メガバンク)に勤めている銀行員の方々の年収を覗いてみましょう。

早速細かいお話は抜きにして、4大メガバンク+αの40歳時点の推定年収をババッと提示しちゃいましょう!
東京三菱銀行1300万円
三井住友銀行1150万円
みずほ銀行1100万円
UFJ銀行960万円
りそな銀行800万円

色々な情報を整理すると上記ぐらいの年収ではないかと推定されます。
もし、全然違う!って言う場合は貧乏兄さんまで連絡ください。

しっかし、バブルはじけて給料削減されたって言う割には高収入じゃぁありませんか。
サラリーマンにしては、間違いなく高収入ですよ。
あと目に付くのは、銀行によって大分差があるなぁっていう点でしょうか。
トップの東京三菱りそなでは年収にして500万円もの差があるんですね。
りそな銀行に勤めている方は、東京三菱がうらやましいでしょうねぇ。

ちなみに、上記はあくまで40歳時点の給料です。
銀行員の方って言うのは40歳過ぎから評価等によって進む道が人によってかなり分かれてくるようです。
人によっては出向となり、給料が下がってしまう場合もあるようですが、支店長になったりすると、さらなる年収の上昇も望めるようです。
参考までに支店長レベルの年収は銀行によっても異なるでしょうが、1400万円~1700万円程度なんだとか!
うらやましか~。

次回はメガバンクではなく、地銀(地方銀行)の方々の給料を取り上げます!
お楽しみに!

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?
第8回 大学教授の収入ってどうなのよ?
第9回 教師の収入ってどうなのよ?






banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

今週の総括(2005年8月第3週)

なんだか、最近貧乏兄さんも結構激しく売買してるんで、ちゃんとした投資ブログ見たくなってきましたね(笑)
でも、このブログは投資ブログじゃぁありません!
マネー全体を考えるブログなんで、給与所得も取り扱っとりますよ。
「給料大解剖!」のコーナーもありますしね。

さてさて、そんなことはさておき、今日も株式市場の話を(笑)
今週最初のエントリ「今週の注目(2005年8月第3週)」で今の市場は読めない…なんて弱気を貧乏兄さんは吐きましたが、結局のところ今週の株式市場(東京一部)は前週末(12,261円)とほぼ変わらずの12,291円で終えました。
一応+30円ですが、やはり揉み合ってるって言う印象が強いですよね。

そんな揉み合いの状態で貧乏兄さんはまたも滝沢鉄工所(6121)を買ってしまいました(苦笑)

銘柄 滝沢鉄工所(6121)
買値 243円
株数 7000株

滝沢鉄工所もずっと240円~245円くらいで揉みあってる感じなんですが、下値不安が少ないので買ってしまいました。
どうなる事やら…。

なんだか独り言のようなエントリになってしまいましたが、次回は「給料大解剖!」をお届けします!
お楽しみに!




banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

現在の市場を取り巻く強弱材料

こんにちは、貧乏兄さんです!
相変わらず日本市場は強い強い(笑)
正直どこまで上がるか読めなくなってきました。
非常に予想が立てにくい状況です。
貧乏兄さんも、ずっと「いい加減下がるだろう」と思ってるんですが、そのシナリオは全て空振りに終わっています(涙)

そこで、今日は日本市場を取り巻く強気材料と弱気材料を整理してみようと思います。
整理することで、先の予想が立てやすくなりますからね。

まずは強気材料から
1.小売株が強い。連日の年初来高値を更新
2.輸出株も強い。
3.信用買い残、3週連続減少
4.外国人投資家買い越し基調
5.原油価格が本日(2005年8月25日)急落

では弱気材料はというと
1.米国市場で小売株とハイテク株が軟調
2.宮城県の地震(2005年8月16日)
3.原油高が商品価格に転嫁されてきた
4.国内の証券・不動産・銀行株に利食い売りが目立ってきた
5.国内でREIT指数が乱高下している
6.衆議院解散総選挙
7.TOPIXの総合PERが割安でなくなってきた

う~ん、こんなもんでしょうか…。
正直、これ見ても強気材料と弱気材料の綱引き合戦っていう感じですねぇ。
ただ、やはり貧乏兄さんはそろそろ頭打ちではないかと思ってるんですが…。

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。