貧乏兄さんの金持ち父さんへの道

給料アップ&投資による副収入アップで目指せ金持ち父さん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第7回 「パイロットの収入ってどうなのよ?」

昨日はエントリのアップをお休みしてしまいました。
まぁ、夏ですし少しは遊ばないと(笑)
リフレッシュしたので、今日は気合入れてアップしますよ(笑)

さて、今日は最も好評の「給料大解剖!」のコーナーです。
これまで、難関資格系のお仕事を多く取り上げてきましたが、今日は資格というよりは手に職(?)系の最高峰といっても良い「パイロット(航空機操縦士)」の人の給料をお届けしようと思います。

パイロットといえば、人生ゲームをやったことのある人であればピンとくるんではないでしょうかね。
人生ゲームでは、パイロットが、最も収入が多いということになってるんです。
医者や弁護士というそうそうたる仕事が人生ゲームには用意されているんですが、それらを上回る給料がパイロットには割り当てられていて、子供ながらに「あぁ~、パイロットの人って金持ちなんだぁ」っておもったものです(笑)
しかし、それはあくまで人生ゲームでの話。
パイロット(航空操縦士)の人の収入の実態はいかがなものなのか、見てみましょう!

まず、航空機操縦士とはそもそもJAL(日本航空)やANA(全日空)などの社員、つまりあくまでサラリーマンなんです。
航空機操縦という特殊技能を所持していますが、サラリーマン・組合員であることに変わりありません。
そういった意味で言うと、「アナウンサー」なんかのイメージに近いのかもしれませんね。

ただ、やはりその給料の実態は相当なものであると分かりました。
パイロットには「副操縦士」から「機長」までという役職(ランク)が存在しますが、まだ航空機操縦士になりたての「副操縦士」でもなんと年収は1500万円
機長になるとなんとなんと3000万円
半端ないです…。

ただ、この年収というのはあくまで、JAL(日本航空)やANA(全日空)などの超大手航空会社に限った話。
これがスカイマークエアラインズや、AirDo(北海道国際国空)等の新興航空会社になるとJALやANA等の年収の半分程度になるといいます。

ただそれでも日本の航空機操縦士全体の平均の年収は1714万円
やはり最も高収入の望める職業の一つであることは間違いなさそうですね。
なんだか、今日はうらやましいやら驚いたやらで、赤字が多くなっちゃいましたね(笑)

あと、最後に一つ忘れてはならないのは、パイロット(航空機操縦士)になるのはとてつもなく難しいということ!
特に健康診断が厳しいことは有名で、少しでも視力が悪かったり、背骨が曲がっていたりしたら、即不合格になってしまうんです。
もちろん、それは実際にパイロットになった後も同じで、ずっと健康をキープしなくてはいけないわけです。
やはり、これだけの高収入に見合う、まさに「選ばれた人」しかなれないということのようですね。
それに、人命を預かっているわけですからこの収入は当然といえば当然な気がしますね。

最後にパイロットの人の給料(年収)をまとめましょう!
大手航空会社の機長…3000万円
大手航空会社の副操縦士…1500万円
パイロット平均年収…1714万円

(週間ダイヤモンド調べ)

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 国家公務員の収入ってどうなのよ?





スポンサーサイト

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

株価値上り率ランキング(2004年度)

今日は超夢のある話をしようと思います。
この間、フィッシャー「成長株投資」の話をしたと思いますが、急成長企業とはいかに株価が上昇するかというデータをお見せしましょう!
ちょっとデータが古いですが、「2004年度株価値上り率ランキング」です!
なお、「兄さんのお勧め銘柄!」にこのエントリかいてますが、既にあがっちゃった株式なんで、現時点ではあまりお勧めはできません(苦笑)
あくまで、モチベーションアップのためにご紹介しようと思います!


~2004年度株価値上り率ランキング~
順位 銘柄名 値上がり率(%) 当年終値(円) 前年終値(円)
1 Jブリッジ (9318) 556.688 1,031 157
2 中部鋼 (5461) 497.419 926 155
3 URBAN (8868) 432.882 2,755 517
4 原弘産 (8894) 378.947 455,000 95,000
5 ジェイオー建 (1856) 369.697 930 198
6 丸山製 (6316) 342.857 620 140
7 アセットイン (3121) 335.438 370 84
8 宇野鉄 (6396) 305.063 320 79
9 高田工 (1966) 287.681 535 138
10 日コン (5269) 285.294 524 136


※ジェイオー建は成長の結果、現在はジェイオーグループホールディングスになりました!

どれも、すごい伸び率ですよね。
2倍どころか、3倍4倍5倍になってます。
貧乏兄さんにとっては夢見たいな話ですが、いつかはこんな銘柄を見つけてみたいものです…。
それには、綿密な調査や知識が必要なんでしょうね。

あなたにも可能性があります。10~20年!一生もの!1日5分!楽々投資家生活への道!はこちら!

日経平均の壁(2005年7月28日)

こんにちは、貧乏兄さんです!
本日の日経平均終値は11,858円と1万2千円にかなり近づいて参りました。
昨日、日銀の福井総裁が「踊り場脱却は間違いない!」って強気な発言をするなど、かなり日本経済はいい感じな模様。
しか~し、この1万2千円っていうのは大きな「壁」ですよ。
これまで、日経は何度か1万2千円ラインに近づいてるんです。

20050728nikkei


1万2千円には近づくんだけど、その度ごとに跳ね返されています。
おそらく、利益確定売りもいっぱい出るんでしょうねぇ。
今回こそは、なんとかこの「壁」を乗り越えてもらいたいんですが、注目です!
この「壁」を乗り越えれば、一気に大爆発もありえるような気がします。

連日ストップ高的中のデイトレ王-毎日デイトレ個別銘柄をメルマガでお届け。月1万円でプロの投資家に。



なるほど経済指標 九の巻 「マネーサプライってなに?」

前回の「なるほど経済指標」では「消費者物価指数」という非常になじみやすい指標を取り上げました。
貧乏兄さんも、非常に書きやすかったです(笑)
ただし、今日はそうもいきません。
ムズイのいきます。
「マネーサプライ」を取り上げようと思います。
はっきり言って、名前からして難しい…。
指標名がカタカナですし(笑)

◆経済指標 九の巻 「マネーサプライってなに?」

マネーサプライは直訳すると「通貨供給」。
そう、まさにマネーサプライとは「世の中に出回っている通貨の供給量」を表しています。
指標では、前年と比較した伸び率で表されています。

通貨の供給量というのは、経済と非常に相関があり、例えば流通しているお金の量が増えすぎると、物価が急激に上がってしまい、インフレを引き起こしますし、逆に減らしすぎるとデフレになってしまいます。
単純に流通通貨を増やせば、私の懐に入るお金も増えるかもって喜べばいいってもんでもないんです(笑)

日銀はこのような問題があるため、景気を適正にコントロールするために通貨の流通量を調整しているわけですが、そもそも日銀のコントロール以外にも普通の銀行も企業にお金を貸し出したりして、お金の流通量に大きく関わっています。

企業が銀行からお金を借りようとするのは、設備投資や生産を拡大するためです。
つまり、企業が設備投資などを計画し、銀行からお金を借り、設備投資をする。
世の中全般でこのような流れになると、マネーサプライが増加するのです。
企業が設備投資をするということは、景気が上昇局面にあることを意味しますから、我々投資家にとっては非常に喜ばしいことですよね。
このことから、マネーサプライは景気の先行指標といってもいいかもしれません。

では、具体的にマネーサプライの数字を見てみましょう。
(マネーサプライ統計はこちらをご覧下さい)

みてみると、M1やらM2やらCDやらで何がなんだかサッパリ(笑)。
それぞれの意味を説明すると
M1…現金預金+預金通貨
M2…現金通貨+預金通貨+準通貨
M3…現金通貨+預金通貨+準通貨+郵便局・農協等の預貯金
CD…譲渡性預金
※準通貨とは、解約することでいつでも現金預金等になる金融資産のことで、定期性預金のことをいいます。

このように色々あるんですが、実際に投資家がみるのは「M2+CD」の部分です。
つまり、流動性のある通貨量が測れる部分ですね。
この数字があがってくると、だんだん景気が上向いてきそうだ…と推測できそうです。
(もちろん、あがりすぎるのはマズイんですけどね)

いやぁ、難しかったですが、お分かりいただけたでしょうか?
次は簡単なのいきますね(笑)

~なるほど経済指標バックナンバー~
一の巻 GDPってなに?
二の巻 日銀短観ってなに? 
三の巻 機械受注ってなに?
四の巻 失業率ってなに?
五の巻 貿易・サービス収支ってなに?
六の巻 鉱工業生産ってなに?
七の巻 景気動向指数ってなに?
八の巻 消費者物価指数ってなに?

苦節7年総額1000万円以上の損失の貧乏投資家から1日5分年率20%以上の楽々投資家になって10年!その秘訣を公開!

台風直撃中!こんな時のお勧め銘柄!

皆さん、こんにちは。
貧乏兄さんFROM東京です。

ニュース等で、盛んに「東京に台風直撃」って騒がれてますが、覚えておいででしょうか?
そう、先週特集した「兄さんのお勧め銘柄」です!
なんとタイムリ~なことに、「台風・水害銘柄2005」を取り上げてます!
是非ご参考になれば。

自分で自分のことを宣伝してしまいました…。
こんなエントリですいません(笑)
タイムリーな特集をしたなぁとちょっとうれしくて。

インターネット取引するならマネックス・ビーンズ証券

1日5分の簡単なチェックと注文!それだけで年率○○%の利回りが実現できるかも!

世界の偉人達 ⑧ 「フィリップ・フィッシャー 成長株投資」

今日は、先日の「見習え!世界の偉人(金持ち)達」でご紹介したフィリップ・フィッシャー「成長株投資」の理論について取り上げようと思います。
あのウォーレン・バフェットの先生であるフィッシャーの投資理論ですからね。
学ぶに越したことはないでしょう!

フィッシャーの投資スタンスは、フィッシャーに関するエントリーでお伝えしたとおり。
とにか企業の「成長性」に注目するというところに特徴があります。
その結果、モトローラテキサス・インスツルメント(TI)という、その後急成長する企業を発掘したのは有名な話です。

そんなフィッシャーが会社の成長性を見る際のポイントを下にざっとあげてみましょう!

1.少なくとも数年間にわたって、会社の売上を大きく伸ばす製品や、サービスがある
2.そうした成長の牽引役となる製品やサービスを、次々と生み出そうとしている
3.研究開発費が有効に活用され、成果を上げている
4.強い営業体制
5.営業利益率が高い
6.営業利益率をさらに高める努力をしている
7.コスト分析や、財務分析がきっちりできる
8.労使関係が良好
9.幹部社員のやる気を引き出す、社風や体制がある
10.幹部社員に優秀な人材が多い
11.その業界で勝ち抜くための、独特のノウハウを十分に持つ
12.長期的な視野に立って、企業運営されている
13.むやみに新株を発行しない
14.自社にとって、不利益な材料を正直に説明する
15.株主に対して誠実である


フィッシャーは以上の15の条件を満たす企業であれば、今後の成長が見込める企業であると判断。
大きな成功をおさめたと言います。

ここで重要なのは、フィッシャーの言う成長とは、1年2年の勢いだけの成長ではなく、10年・20年それ以上の間、継続的に成長を続けられることを意味します。
確かに上のような厳しい条件を満たすことのできる企業であれば、安心して投資を出来るような気がしますね(笑)。
それだけ難しい条件であるような気がします。

上の15のポイントをよく読んでみると、いくつかのセクションに分けることができます。

まず、ポイントの1~4は「売り上げを上げる能力があるかどうか」を測るポイントといえるでしょう。
当然、企業は売り上げをあげることが儲けや収益の大前提となりますからね。
売り上げを上げるためには強力な製品が必要で、それを継続的に生み出す体制と、それを販売する営業力を1~4までのポイントで測っています。
企業のまさに基本をここでおさえているわけですね。

次に5~7で企業が低コストで運営を行っているかどうかを測っています。
つまり「利益率」を見ています。
いかに無駄を省き、効率の良い運営で高い利益率を達成しているかどうかみています。

そして、8~12で、その企業が成長力を維持できる「人材やノウハウ」を持っているかどうかを測っていますね。
企業にとって、人材やノウハウって言うのは資産です。
この点で強みを持つ企業って言うのは強いですよね。

最後に13~15で「株主を大切にしているか」を測っています。
これは我々株主にとっては非常に重要ですね(笑)
こういう観点というのは、今でこそIRだIRだと流行のように言われていますが、こんな昔に唱えていたフィッシャーは先見の明があったんですね~。
驚かされます!

この1~15のポイントで成長性を測ったフィッシャーは、投資家として伝説的な成功をおさめました。
確かに、非常に参考になりますよね。
市場で1~2年間の急成長をとげそうな企業を見つけることは、そんなに難しいことではないかもしれません。
(貧乏兄さんにはそれすらも難しいですが…)
ただ、末永く、持続的な成長を遂げる企業というのは、ほんとに一握りしか存在しないでしょう。
それを見極めるうえで、フィッシャーの「成長株理論」はとても参考になるのではないでしょうか。

~これまでの世界の偉人(金持ち)達~
世界の偉人(金持ち)達 ⑦ 「フィリップ・フィッシャー」
世界の偉人(金持ち)達 ⑥ 「クリス・ガートナー」
世界の偉人(金持ち)達 ⑤ 「ベンジャミン・グレアム バリュー投資」
世界の偉人(金持ち)達 ④ 「ベンジャミン・グレアム」
世界の偉人(金持ち)達 ③ 「ウィリアム・ギャン」
世界の偉人(金持ち)達 ① 「ウォーレン・バフェット」

高利回り!!元本保証型ファンド情報!!





今週の注目(2005年7月第5週)

こんばんは~、貧乏兄さんです!
今はまだ日曜日ですが、まもなく月曜日になってしまうので、今週の注目についてエントリをアップしようと思います。
「見習え!世界の偉人(金持ち)達」を待っていた方、すいません!

さてさて、先週まではいい調子で来ていた日本株式市場も、先週は少し伸び悩んでしまいましたね。
先週一週間の日経平均は-63円
ただ、これは人民元の切上げや、ロンドンのテロ事件などの一時的なショックによる下げだと見るのが大勢のようですね。

今週の注目経済指標は次のとおりです。

7月29日(金) 鉱工業生産

この経済指標以上に国内と米国の4月~6月期の決算が注目されています。
特に米国企業の決算は先週も期待以上の数値が相次いで発表されており、今週も大注目!
アナリストの方の予想を超える決算が今週も続くようであれば、市場に追い風になりそうですね。

我が保有銘柄も、上昇気流に乗れれば良いのですが…。
滝沢鉄工所(6121)は全く読めないからなぁ。

給料大解剖 第6回 「国家公務員の収入ってどうなのよ?」

こんにちは、貧乏兄さんです。
「給料大解剖」のコーナーではこれまで弁護士公認会計士など士族の方の収入を中心にお届けしてきましたが、今回から士族を離れた職業の方々の給料をお送りしたいと思います。
士族の方っていうのは非常に少数なわけですが、これからより一般的な職業の方々の収入をお伝えしていきますよ。

さて、それで今日は何を取り上げるかというと、「国家公務員」の人の給料を取り上げようと思います。
言わば「霞ヶ関族」の方々ですね。
日本を動かしている人達で、一般的に言うとやはり「エリート」っていうイメージがありますよね~。
では、実態は果たしていかなるものか覗いてみましょう!

まず、そもそも一口に国家公務員っていってもその中にはれっきとしたランクが存在します。
良く知られている言葉で言うと、「キャリア」「ノンキャリア」に別れているわけです。

キャリアとは国家公務員Ⅰ種試験に合格したホンマもんのエリートさん。
国家公務員Ⅰ種ってすごい難しいんですよね。
東大でててもなかなか難しいっていいます。
一方のノンキャリアは国家公務員Ⅱ種またはⅢ種試験に合格して国家公務員になった人達です。

この入省時にどの試験を突破してきたかでその人のその後の人生がほぼ決まっているのが日本のお役所の特徴なんですね。
これは一般企業に勤めている貧乏兄さんから見ると非常にいびつなシステムだなぁって思ってしまうんですが…。
まぁ、そんなことは置いておいて、キャリア・ノンキャリアそれぞれの人達の収入がどんなもんか見てみましょうか!

国家公務員キャリアの人の年収の推移
25歳 378万円
30歳 557万円
40歳 941万円


国家公務員ノンキャリアの人の年収の推移
25歳 362万円
30歳 460万円
40歳 700万円


(週間ダイヤモンド調べ)

まず思ったのが、ノンキャリアの人かわいそうっす…。
これはちょっと低いなぁ。
だって、Ⅱ種Ⅲ種っていっても、やっぱり勉強して資格とってなる職業ですよね。
それにしては少しさびしい。
貧乏兄さんはこんなんではやる気を失ってしまいそうです。
でも、生活保障されている分やはり一般企業に勤めるより良いって判断するんでしょうか、皆さん。

あと、やはりキャリアとノンキャリアの人の間ではれっきとした給料格差が存在するようですね。
入省時はそんなに大差ないですが、40歳になると約250万円の差があるようです。

ただ、公務員は「手当て」がおいしいっていいますよね。
ちなみに上に示した年収には「調整手当て」が含まれていますが、国家公務員には他にも色々な手当てがあるみたいです。
結構やり玉に挙げられているから手当ては縮小方向にあるみたいですけどね。

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?

携帯電話で脳を活性化!
携帯電話を使用してさまざまな資格の問題にチャレンジ!
公務員の問題は脳を活性化にぴったり。いますぐチャレンジ!







台風・水害銘柄2005 後編

さて、前回の続きです。
台風・水害銘柄の後編をお届けします!
前回はリフォームやインフラ関連を主に取り上げましたが、後編の今回は主に家庭の家具インテリアの買い替え特需に注目します。

◎台風・水害銘柄2005 後編

●家電買換え関連…水害が起きたら、PCや家電の買換えが期待でき、特需が発生するとかしないとか…。

NEC(6701)
株価 592円
PER  17.03倍
PBR 1.44倍

松下電器産業(6752)
株価 1740円
PER  68.26倍
PBR  1.11倍

ヤマダ電機(9831)
株価 6210円
PER  18.03倍
PBR  2.96倍

●インテリア買換え関連…成長中のインテリア大手。水害の影響でカーペット等インテリアの買換え特需が起こる可能性あり。

ニトリ(9843)
株価 7430円
PER  24.10倍
PBR  3.48倍


●靴(?)関連…水害で水にぬれると靴は買い換えざるを得ない。そのため、特需の可能性が。

卑弥呼(9892)
株価 1795円
PER  14.47倍
PBR  1.52倍


※なお、株価は7月22日現在のものです。


以上いかがでしたでしょうか?
正直台風や水害なんて正直起こって欲しくはないんですが、前回も書いたとおり、リスクヘッジのためにポートフォリオに組み入れるというのは一つの賢い投資方法なのではないかと貧乏兄さんは思います。
そのための参考になれば幸いです。

そうそう、あと投資はあくまで自己責任で(笑)


~お勧め銘柄特集バックナンバー~
「台風・水害銘柄2005 前編」
「配当利回りランキング2005」
「冷夏のお勧め銘柄2005」
「猛暑のお勧め銘柄2005」


高利回り!!元本保証型ファンド情報!!

台風・水害銘柄2005 前編

こんにちは、貧乏兄さんです。
さて、今日から2日間に分けて、縁起でもないエントリーをお届けします(苦笑)
「兄さんのお勧め銘柄」ではこれまで「猛暑のお勧め銘柄」「冷夏のお勧め銘柄」のように、天候による特殊要因によって騰がりそうな銘柄を扱ってきましたが、今日は究極の天候銘柄といってもよいでしょうか。
「台風・水害銘柄2005」をお届けしようと思います。

昨年(2004年)は前代未聞の台風災害が日本を襲ったのは記憶に新しいところではないでしょうか。
貧乏兄さんは東京に住んでるので、それほど大きな被害は受けなかったのですが、多くの地域では水害に悩まされましたね。
正直、こんなことは考えたくはないのですが、今年も昨年のような災害に日本が襲われないとも限りません!
そこで、縁起でもありませんが台風や水害がおこった時に騰がりそうな銘柄を2回にわたって特集しようと思います(苦笑)

それに、投資家にとって、台風なんかのリスクに対して、きちんと「ヘッジ」しておくのは大事なことですよね。

◎台風・水害銘柄2005 前編

●住宅リフォーム関連
ミサワフォームホールディングス(1722)…台風にもビクともしないという制震装置「MEGO」が大ヒット。トヨタ自動車主導の再建も好材料。
株価 4040円
PER  -
PBR -

サンゲツ(8130)…インテリア最大手。水害によるリフォーム特需が生まれるか。
株価 2840円
PER  26.78倍
PBR  0.97倍

●インフラ復旧関連
日本橋梁(5912)…台風や水害で橋梁の修築工事の需要が増える可能性あり。
株価 145円
PER  25.19倍
PBR  2.60倍

ファナック(6954)…工作機械用CNC装置トップの会社。台風や水害で設備が水浸しになり、設備の修復・更新の特需が。
株価 7640円
PER  22.53倍
PBR  2.41倍


●漬物関連(?)
ピックルスコーポレーション(2925)…漬物業界トップの会社。台風や水害で野菜がダメージを受けるため、特需効果があるそうです。
株価 432円
PER  21.45倍
PBR  0.56倍


※なお、株価は7月20日現在のものです。

一日ではお伝えしきれないので、残りは明日お伝えしようと思います!
お楽しみに!
(ちなみに、「サンゲツ」は今日かなりあげてましたね)



~お勧め銘柄特集バックナンバー~
「配当利回りランキング2005」
「冷夏のお勧め銘柄2005」
「猛暑のお勧め銘柄2005」


高利回り!!元本保証型ファンド情報!!


2005年7月20日の株式運用結果

こんにちは。
我が持ち株である滝澤鉄工所(6121)にまたもや異変が起きてます。

20050720taki


昨日から謎の出来高急増…。
少し上昇したから嬉しいんですが、材料がないので不気味です。
こういうのって、どこかの機関投資家の方が買ってるって事なんですよね。
そういう意味では嬉しいんだけど、なんか「蓋」みたいのしている人もいるようで…。
正直じれったいです(笑)

売気配株数 気配値 買気配株数
42,000 238
65,000 237
250,000 236
53,000 235
55,000 234
  233 32,000
  232 65,000
  231 64,000
  230 97,000
  229 40,000


これは今日午後13時時点の板なんですが、明らかに「蓋」っぽいですよね…。
早く蓋がとれて欲しいです。


複利で15%の運用成績を目指す!元本140%保証型NZドル建てファンド情報!!

今週の注目(2005年7月第4週)

あ、暑い・・・。
こんにちは、貧乏兄さんです。
貧乏兄さんの住む東京では梅雨が明けたっぽいです。
ムシムシしたのは苦手なんですが、暑すぎるのも困りもの…。
しかし、こんな暑いと猛暑の予感しますよね。
こんなタイミングで以前特集した猛暑のお勧め銘柄をチェックしておくと良いかもしれませんね。

さて、早いもんでもう7月も第4週。
今週発表される主な経済指標はこんな感じです。

7/22(金) 第3次産業活動指数

ただ、あまり注目は集めてないみたいですね。。。
それよりも注目なのは4月から6月の企業業績の動向です。
20日にヤフー(4689)や21日花王(4452)などが発表になる予定のようです。

今日経平均は久しぶりの1万2千円越えをうかがってますからね。
はたして、「1万2千円の壁」を突破できるか、それとも弾き返されるか…注目です!

世界の偉人(金持ち達) ⑦ 「フィリップ・フィッシャー」

ようやく、今日「見習え!世界の偉人(金持ち)達!」の第7回がお届けできるようになりました(苦笑)
今回は情報収集に手間取ってしまったんですが、それでもなんとしてもお届けしたい人だったので、頑張って調べました。

それでは、一体誰を取り上げるかというと、「フィリップ・フィッシャー」という人です。
この名前、貧乏兄さんのブログを良く読んでいただいている方なら、もしかしたらどこかで聞いたことのある名前かもしれませんね。
誰?って思った方は「ベンジャミン・グレアム」の回のエントリーを読んでみてください。

そう、フィリップ・フィッシャーとはバフェットの先生だったんです!
ベンジャミン・グレアムが85%だったのに対して、フィッシャーは15%ですけど(笑)


◆フィリップ・フィッシャー

フィリップ・フィッシャーは1907年に生まれます。
グレアム同様、フィッシャーに関する幼少期の記述のある資料は殆ど存在しません。
ただ、かなり賢い少年だったことは間違いないでしょう。
その証拠に、な・な・なんと若干15歳で名門スタンフォード大学に入学しちゃうんです!
おそらく3年(?)の飛び級でしょうか。
並外れております…。

スタンフォードでフィッシャーは一生懸命勉学を積みます。
フィッシャーはどうやら、一つのことにのめり込むと、とことんのめりこむ人物のようです。

フィッシャーはスタンフォード大学で、教授と一緒に大学近郊の会社を訪問し、実施の勉強をするというコースを選択します。
その授業にフィッシャーは非常に「はまり」、教授の送り迎えまで自らすすんで行ったといいます。
その送り迎えの車の中で、教授と訪れた会社について議論することが、フィッシャーの何よりの楽しみであり、勉強であったんだそうです。

さて、ちなみに、この会社を訪問する授業でフィッシャーは彼の人生において大きな意味を持つ会社と出会います。
FMC(フード・マシーナリー・コーポレーション)という缶詰製造機(?)を作っていた会社です。
当時まったく無名であったFMCですが、フィッシャーは「将来性あり」とみて、投資顧問業を始めた後、この会社を顧客に積極的に勧めたんです。
FMCの株価はしばらく泣かず飛ばずだったそうですが、突然人気株に変身したそうです。
この出来事でフィッシャーは一躍顧客から信頼を勝ち得るようになるのですが、それはまだ少し先の話です。

さてさて、このように大学で勉学に励んだフィッシャーですが、スタンフォードビジネススクールで一年間学んだ後、サンフランシスコのとある銀行に就職します。
配属された部署は「統計部」。
この「統計部」というのは証券分析を行う部署だったそうです。
ただ、当時の銀行というのは、本当に片手間に証券販売を行っていたらしいのですが、その能力は皆無に等しかったといいます。
そのため、フィッシャーは銀行をすぐに辞めて、証券会社に転職します。

しか~し、実はこの時世にも恐ろしい「世界大恐慌」がおこる目前だったんです!
そして、実際に世界大恐慌がおこると、フィッシャーの勤めていた証券会社は簡単に潰れてしまったのでした(涙)。
これをもって、フィッシャーは失業者になってしまいます。

しばらく途方にくれるフィッシャーでしたがここで人生の勝負に出るんです!
さすが偉人!ピンチをチャンスに変えようとするあたりがすごいですよね。
フィッシャーは1931年に投資顧問業を開業します。

投資顧問業を開業したのは良いですが、当時は世紀の大恐慌…。
まったく仕事がありませんでした…。
しかしフィッシャーはこの間に色々な企業の経営者を行脚し、顧客を増やしていったのです。
実はこの時期、企業の経営者も不況で仕事がなくて暇だったんですね。
それゆえ、若造投資顧問フィッシャーもコネクションを築きやすかったのかもしれません。

さて、大恐慌がようやく終わりかけた1930年代中盤になると、先に触れたFMCの株価上昇によって、フィッシャーの投資顧問業も軌道にのります。
そして、第2次大戦後にはやはりフィッシャーの核銘柄の一つ「ダウ・ケミカル」を発掘します。
ダウ・ケミカルは発掘当社はFMCのように泣かず飛ばずでしたが、1960年頃より伝説的な成功をおさめることになります!

また、1954年には「テキサス・インスツルメンツ(TI)」を発掘。
当時まだダラスのちっぽけな会社であったTIが私募で投資家を募集していたのにフィッシャーは飛びつき、その後も株の暴落があるごとに大量に株式を買い増しします。
その後のTIの成功はご存知のとおり。世界的な企業に成長します。

フィッシャーの最後の核銘柄「モトローラ」も1950年代に発掘。
最後にして、最高の値上がり率を達成した「モトローラ」ですが、当時は証券会社から格付けさえされないほどの、小企業だったそうです。
今では考えられませんが…。
そんなモトローラにフィッシャーは成長性を見込んで投資し、大成功をおさめる訳です。

フィッシャーの投資スタンスは一貫してます。
とにかく、彼の投資の際の指針は「成長性」なんです。
覚えておいででしょうか、
「ベンジャミン・グレアム」のバリュー投資理論において、唯一欠けている事柄が「成長性」という視点でしたよね。
フィッシャーはグレアムに欠けていた視点を持っていたので、バフェットに師匠と思われていたんでしょう。

フィッシャーの4つの核銘柄「FMC」「ダウ・ケミカル」「テキサス・インスツルメント」「モトローラ」ともに投資の時点では、全く無名の企業でした。
しかし、フィッシャーは無名ではあるけれども、今後大化けするという「成長性」を感じ取ったことは間違いありません。
そして、フィッシャーはその「成長性」を裏付けるための調査を何ヶ月にもわたって綿密に行ったといいます。
このように、フィッシャーは「成長株投資」の偉人なのです!

フィッシャーのこの「成長株投資」の理論はまた近いうちに取り上げようと思ってますのでお楽しみに!

さて、このフィッシャーですがおそらくまだご存命だと思います。
そろそろ100歳になるかと思うのですが、今ももしかしたら今後成長する企業にあたりをつけているのかもしれませんね。

~これまでの世界の偉人(金持ち)達~
世界の偉人(金持ち)達 ⑥ 「クリス・ガートナー」
世界の偉人(金持ち)達 ⑤ 「ベンジャミン・グレアム バリュー投資」
世界の偉人(金持ち)達 ④ 「ベンジャミン・グレアム」
世界の偉人(金持ち)達 ③ 「ウィリアム・ギャン」
世界の偉人(金持ち)達 ① 「ウォーレン・バフェット」


フィッシャーの成長株理論について詳しく知りたい方はこちら

世界の偉人達…の予定でしたが…

みなさん、3連休を楽しんでますか?
こんばんは、貧乏兄さんです。

今日は週末ということで、恒例の「見習え!世界の偉人(金持ち)達」の第7回をお送りする…つもりでしたが、やや情報収集に時間がかかっとりまして、明日お送りします。
すんません!

ちなみに、誰を取り上げるかは内緒です!
明日昼過ぎくらいに、ブログをチェックしてくださ~い。

給料大解剖 第5回 「税理士の収入ってどうなのよ?」

前回の予告どおり、今回は「税理士」さんの給料を取り上げます。
いや、給料というと語弊があるかもしれませんね…。
なぜなら、税理士さんは、そのほとんどが開業税理士だからです。


ここに全国の税理士約30000人を対象にしたアンケートの結果データがあるのですが、そのうち勤務者の方はわずか5000名程度。
それ以外は皆さん個人で開業されている「開業税理士」さんなんですね。

「組織にとらわれず、自分の力で道を切り開きたい!」
もしくは
「俺は自由人だ!」
とういう方は、税理士への道を目指すと良いかもしれませんね(笑)

そんな話はさておき、今日は税理士、それも「開業税理士」さんの給料を暴露していこうと思っております。

まず、恒例の如何に取得が難しいかをまずご説明しましょう!
税理士試験は11科目の中から必須2科目を含む、合計5科目に合格しなければいけません。
ただし、その5科目は1回で合格しなくてもOKなんだそうです。
なんで、多くの税理士を志望している方は、複数年でコツコツ合格を目指すのが主流のようですね。
そして、気になる試験合格率ですが、10%~18%
公認会計士や司法試験に比べると、やや高いですね。
ただ、難しいことに変わりはないでしょう。
大体、税理士を目指す人は合格までになんと5~6年もかけると言います(ひえ~)!
貧乏兄さんは気が短いのでゲッソリです…。

気になる給料・収入の方ですが、最初に触れたように、基本的に開業されている個人事業主の人が殆どなんで、スンゴイばらつきがあるようです。
そのバラツキ具合はこんな感じです。

税理士の収入こんな感じだそうです

300万円未満…24.0%
300万円~499万円…15.2%
500万円~699万円…13.9%
700万円~999万円…14.2%
1000万円~1499万円…12.8%
1500万円~1999万円…7.0%
2000万円~2999万円…5.1%
3000万円~4999万円…2.5%
5000万円~9999万円…0.8%
1億円以上…0.1%


(週間ダイヤモンド調べ)

いや~ピンキリですな(笑)
300万円から1億以上まで幅広~く分布してますねぇ。
おそらく、個人事業主である以上、まさに自分のやる気と能力次第なんでしょう。
そして、やる気と能力さえあれば、1億円プレーヤーも夢ではない!
税理士って正直「守り」の資格かと思ってましたけど、結構「攻め」の資格なんですね。
安定感は0ですけど、将来性は無限大。
ちょっと見る目変わります。

ただし、先ほどのデータは、いわゆる国税庁のOBで税理士をやっている方も含まれているので注意が必要です。
実は国税庁で実務経験を積むと、無試験で資格をゲットできちゃうんです!
何気に先の給料分布でいっぱい稼いでる方々はそんな国税OBさんが結構含まれているってことを考慮して、多少差し引いて考えてくださいね。

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?


■1講座たった500円。
新時代の資格取得法とは?
携帯電話を利用した、資格学習方法。
いつでもどこでも学習できる。





2005年7月15日の株式運用結果

貧乏兄さんの保有物件の一つである、トッパンフォームズ(7862)がいい感じです。

まぁ、貧乏兄さんはトッパンフォームズの買値が1415円で今日の終値が1277円。
保有株式が800株なんで、まだまだ超含み損なんですが(涙)。
含み損、実に11万円

そんなことは置いておいて、日経平均の上昇につられるように、トッパンフォームズも上昇を続けてます。
ちょっと、チャートをお見せしましょうかね。




いい感じじゃないですか?
1250円が、この銘柄の「壁」だったんですが、それを突き抜けてきてます。
しかも、今日はおそらく、今年一番の出来高形成してましたよ。
この銘柄にはかなり泣かされてきてるんで、あんまり楽観視してないですが、短期で考えると結構良い投資対象かもしれません。

今日、ちょっと上髭つけちゃってますけど(苦笑)
まだしばらくは安泰・・・かなぁ。
低PERだし。

インターネット取引するならマネックス・ビーンズ証券



なるほど経済指標 八の巻 「消費者物価指数ってなに?」

こんばんは、貧乏兄さんです!
「なるほど経済指標」のコーナーも早8回目を迎えました。
正直、自分でこの特集をやっていて、とても勉強になってます(笑)
自分のための特集みたいになっちゃってますが、皆さんも是非参考になさってください。

さて、今日は超メジャーな指標を取り上げます。
ずばり「消費者物価指数」です。
もしかしたら、単語だけは小学生でも知ってるかもしれないくらいなメジャー指標。
ただ、実はお恥ずかしながら貧乏兄さんは中身を良く知りませんでした(苦笑)
あとで恥ずかしい思いをしないうちに、勉強しておきましょう!


◆経済指標 八の巻 「消費者物価指数ってなに?」

消費者物価指数は略して「CPI」といいます。
総務省から毎月発表されてます。
新聞なんかにはよく断りも無く「CPI」と書かれるので、まずこの単語を押さえましょう!
おそらく、「Consumer Price Index」の略だと思うのですが…間違ってたらご指摘下さい。。。

何を意味するかというと、「全国の世帯が購入する家計に係るサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定する」指標なんだそうです。
家計に関わるサービスなんて、あまりに項目が多すぎて扱える分けねーじゃねーかと思う方もいるかもしれませんが、全くその通り(笑)
さすがの総務省も扱えないようです。
そのため、家計に係るサービスをある一定のものに固定して、その費用を集計しているそうです。
ちなみに、今の品目数は596品目

主な対象サービスを興味があったのでチェックしてみると
・保健医療(医薬品とか)
・交通通信
・教育(授業料や参考書代)
・教養娯楽
・生鮮食品
他にもいっぱいあります。

ただし、ここで注意が必要なのは、投資家が見るべき指標です!
色々な項目があるのですが、その中で「生鮮食品を除く総合」という区分があります。
ここを見ましょう!
なぜかというと、ずばり生鮮品は天候に価格がかなり左右されるから。
いわゆる、その時期の景気や経済の状態云々の指標にはならないというわけです。

実際の数値はどのようにはじき出されているかというと、ある基準年の物価を100とした相対値で表されます。
現在の基準年は平成12年(2000年)
もし、数値が100以上であれば、2000年の物価よりも「高い」ということになり、逆に100以下であれば、2000年の物価よりも「低い」ということになりますね。

ちなみに、今現在はご存知の通りデフレ中なんで、軒並みCPIは100を下回っています。
平成17年6月の「生鮮食品を除く総合CPI」は97.1
(実際のCPIをご覧になりたい方はこちらからご覧になれます)
う~む、この数字をみるとまだまだ厳しいなって思っちゃいますねぇ。

以上いかがでしたでしょうか。
もしかしたら、今までで失業率の次に簡単な指標だったかもしれませんね。
でも、非常に重要な指標なんで、時々気にかけてみると良いでしょう。

~なるほど経済指標バックナンバー~
一の巻 GDPってなに?
二の巻 日銀短観ってなに? 
三の巻 機械受注ってなに?
四の巻 失業率ってなに?
五の巻 貿易・サービス収支ってなに?
六の巻 鉱工業生産ってなに?
七の巻 景気動向指数ってなに?



日銀ギンギラギン(福井総裁会見2005年7月)

さて、今週月曜日のエントリー「今週の注目(2005年7月第3週」でお伝えしたとおり、今日は今週唯一の注目(?)である日銀福井総裁の定例会見の日であります。
日本経済を支える要人の発言ですから、要チェックです。

ポイントを抜き出すとこんな感じですかね(↓)

「景気は踊り場を脱却とは明確に言い切れないところが残っているが、脱却しつつあると判断できる」

貧乏兄さんコメント:う~む、中途半端な見通しですねぇ。

「IT(情報技術)関連分野の調整が若干尾を引いているが、企業部門の状況の良さが次第に家計部門に浸透してきていて、景気回復が当初のシナリオよりは多少幅を持って、広がりを持って動いている。そこまで含めて、踊り場を脱却しつつあると判断している」

貧乏兄さんコメント:ほうほう、やはりポイントはIT分野のようですね。

「原油価格など様々な不確定要因があり、今の段階ではなお、幅を持ってみていく必要がある」

貧乏兄さんコメント:原油価格が一番予想が付きにくく、気持ち悪いです。全く先が読めないし、ほんと不確定要因だと思います。

ポイントは以上のような感じでした。
正直、はっきりと「脱踊り場宣言」が聞きたいんですが、まだちょっと時間がかかりそうですかね。
ただ、確実に「底」は売っている確信は得れそうです。

今後も日銀福井総裁の発言には注目です。
早く良い見通しが聞きたいっす。

給料大解剖 第4回 「不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?」

こんにちは、貧乏兄さんです。
今日は本来日曜日に更新しようと思っていた、人気コーナー「給料大解剖」です!
いやはや、更新が遅れて申し訳なかったです。
何気にこの「給料大解剖」が一番の人気コーナーなんですよね。

さてさて、今日取り上げるのは「不動産鑑定士」さんの収入です。
不動産鑑定士って何やる仕事かというと、いわゆる土地等の不動産の価値を測るための資格です。
れっきとした国家試験が必要。
不動産鑑定士さんも、弁護士や公認会計士に並ぶ、紛れもない「士族」です!
試験の難易度もやはり半端ではないそうですよ。
なんてったって、合格率10.6%
しかも、全国で不動産鑑定士はたったの約4800人しかいないんです!

そんな数少ないエリートである不動産鑑定士さんの収入はいかなるものなのでしょうか?

不動産鑑定士さんの多くは「不動産鑑定事務所」に勤めています。
もちろん、中には独立開業している方もいるでしょうし、一般の不動産会社に勤めている方もいるでしょうが、ここでは「不動産鑑定事務所」に勤める鑑定士さんの給料を取り上げます。

不動産鑑定事務所には大臣登録の業者と、知事登録の業者があります。

○大臣登録の業者の数は92社(2003年のデータ)
○知事登録の業者の数は3081社(2003年のデータ)

圧倒的に知事登録の不動産鑑定業者の方が多く、大臣登録をしているのは大手のようです。
鋭い方はウスウス勘づいているかもしれませんが、この大臣登録業者と、知事登録業者の違いで、大分給料の水準が違うみたいです。

ちなみに、大手不動産鑑定業者とは、鑑定部門を持つ大手不動産会社や、信託銀行等が中心となります。
そんな大臣登録の大手不動産鑑定業者にお勤めの方の年間収入はこんな感じだそうです。


大臣登録の大手不動産鑑定業者勤務の人の平均年間報酬額
1356万円

一方の知事登録の不動産鑑定業者にお勤めの不動産鑑定士さんの年間収入はこんな感じだそうです。

知事登録の不動産鑑定業者勤務の人の平均年間報酬額
778万円

(週間ダイヤモンド調べ)


う、う~む。。。どうですか?
貧乏兄さんがこれを見たときの率直な感想としては、非常に「少ない」と思いました。
いやぁ、それはもちろん一般に比べたらずっと多くの収入が望めそうですけど、資格取得の難しさを考えたらねぇ。
司法試験や会計士の試験のように、何年も資格浪人する人もいるって言いますし、その見返りの収入としては若干ものたりないかなって思ってしまいますね。
ちょっと貧乏兄さんは欲張りなんですかねぇ。

しかも、最近は不動産鑑定士になっても仕事がなかなかなくて、鑑定事務所に就職できないなんてこともあるそう。
いやはや、世知辛い世の中です(苦笑)

以上いかがでしょうか?
厳しい世の中を痛感しましたね(笑)
次回はまたまた士族の「税理士」さんの給料をお届けします!
お楽しみに!

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?

今週の注目(2005年7月第3週)

先週はロンドンの同時多発テロの影響で、株価は急落するかと思いきや、意外に底堅い展開を見せましたよね。
先週末の日経平均は11,565円で引けました。
テロの影響というよりも、機械受注を嫌疑しての半落だったようですね。
市場はもはや地政学リスクに鈍感になったんでしょうか。。。

しかし、話は戻りますが先週末の機械受注はややネガティブサプライズでした。
以前、なるほど経済指標でお伝えしたとおり、注目すべき民需(船舶・電力を除く)の値が前月比-6.7%。。。
悲しいっす。。。2ヶ月連続でマイナスなんです。
機械受注は半年から9ヶ月先を読む指標ですが、それがマイナスだとちょっと暗い気持ちになりますよね。

最近の経済指標は明るい数字が出てきたかと思ったら、暗い指標が出てきたりと、方向性がはっきりしません。
つまり、まだ脱踊り場ではないってことかもしれません。
これはあくまで貧乏兄さんの考えですが。
あとちょっと、頑張れ日本経済(笑)

さて、今週の注目指標ですが…特にないそうです(笑)
強いて言えば13日の日銀の福井総裁の会見が、今後の方向感を探る意味で注目です。

配当利回りランキング(兄さんのお勧め銘柄2005)

こんにちは!
貧乏兄さんです。
今日は日曜日ですし、本来なら大好評「給料大解剖」のコーナーをお届けする予定だったのですが、急遽「兄さんのお勧め銘柄」をお届けすることにしました!
「給料大解剖」をお待ちになっていた方がいたらすいません。。。
つい、資料を会社に置き忘れてしまったもので。。。

さてさて、今日の「兄さんのお勧め銘柄」では、「配当利回り」の高い銘柄をご紹介しようと思います。
値上がり益(キャピタルゲイン)狙い全盛の現在、あまり配当利回りをきにして株式を売買している方がどれだけいるか貧乏兄さんにはわかりませんが、もし長期保有を考えるのであれば、配当利回りは銘柄選定の最大のポイントですよね。
また、配当狙いじゃなくても、配当ってもらえるととっても得した気分になりますよね。

それでは、2005年7月現在の配当利回りランキングをお届けします!


◎配当利回りランキング2005

株価は2005年7月の株価です

順位銘柄予想配当利回り現在株価一株配当
1ソトー(3571)7.67 %1,955円150.00円
2日興コーディアルグループ(8603)4.99 %481円12.00円
3丸三証券(8613)4.11 %731円30.00円
4日本コンピュータシステム(9711)3.67 %545円10.00円
5学究社(9769)3.58 %335円12.00円
6シャルレ(9885)3.49 %860円30.00円
6エイブル(8872)3.49 %3,670円120.00円
8エスイー(3423)3.48 %431円15.00円
9エスエス製薬(4537)3.36 %743円15.00円
10ベスト電器(8175)3.35 %448円15.00円
10エイトコンサルタント(4742)3.35 %373,000円10,000.00円
12プロルート丸光(8256)3.34 %359円12.00円
13平賀(7863)3.33 %900円30.00円
13アイビー化粧品(4918)3.33 %450円15.00円
13マキ製作所(6304)3.33 %450円15.00円
16麻生フオームクリート(1730)3.31 %302円5.00円
17TTK(1935)3.26 %920円40.00円
17グリーンクロス(7533)3.26 %491円15.00円
19極東証券(8706)3.23 %866円28.00円
20くろがねや(9855)3.20 %438円14.00円


どうでしょう?
結構配当利回りの高い銘柄ってあるんですね。
ちなみに、上のランキングは配当利回りの高さで知られる「不動産投資信託」は除かれています。
いわゆる「REIT」ってやつですね。
「REIT」に関しては、いつかブログで取り上げようと思ってます。

ちなみに、「ソトー」が圧倒的な配当利回りを得ていますが、これは米スチールというファンドからの買収を防衛するための策だそうです。
すんごい高配当ですよね(笑)

やはり、本格的に自分の資産形成を考えるときのポートフォリオとして、安定的な配当が得れる株式の銘柄は必須だと思います。
このランキングがそのときの参考になれば幸いです。
ただし、もちろん投資は自己責任でお願いしますよ(笑)


~お勧め銘柄特集バックナンバー~
「冷夏のお勧め銘柄2005」
「猛暑のお勧め銘柄2005」

世界の偉人(金持ち)達 ⑥ 「クリス・ガートナー」

好評の「見習え!世界の偉人(金持ち)達」特集ですが、これまでは偉大な投資手法を確立してきたような投資家を取り上げてきました。
ウイリアム・ギャンは「ギャン理論」を、ベンジャミン・グレアムは「バリュー投資」を提唱し、現在に名を残しています。
今日は、そんな投資家とはまた一味も二味も違った偉人をご紹介しようと思います。
皆さんはこの人の名前を聞いたことがあるでしょうか?
「クリス・ガートナー」という名前を・・・。
なんと、ホームレスから超大金持ちになったすごい人なんです。

★クリス・ガートナー

クリス・ガートナーさんは現在49歳。
ガートナー・アンド・リッチ証券会社のオーナーです。
高級ブランドのスーツや靴を身にまとい、豪邸を3軒も構えるスーパーセレブです。
豪邸には大好きなマイルス・デービスのレコードであふれ、まさに悠々自適の生活…。
うらやましすぎ…。

しかし、こんなセレブなガートナーですが、実は元「ホームレス」なんです。。。

ガートナーはルイジアナ州で生まれ、教師をしていた母親に女手一つで育てられました。
ガートナーに関する情報は現段階で非常に乏しいので詳細は「謎」なんですが、苦しい幼少時代を過ごした事は容易に想像できますね。
高校を卒業すると、海軍に入隊し、退役後はサンフランシスコで医療関係の仕事につきます。
そして、1978年には結婚し、息子一人を授かります。

ようやく幸せを手に掴んだかに見えたガートナーですが、その後転落の人生が待っています。。。

実はガートナーは株式ブローカーになるのが夢で、まさに夢であった株式ブローカーへの転職話が舞い込んでくるのです。
そりゃ~夢だったんだもん、転職しますよね。
ガートナーは医療関係の職を辞して、株式ブローカーとして再出発します。

しかししかし、株式ブローカーという仕事はそんなに甘いもんではない。
経験不足のガートナーは仕事に失敗(涙)
首になってしまいます。
いわゆるリストラですね(涙)
無職になったガートナーに家族は冷たく、家庭も「くび」になってしまいます。
妻と子はガートナーの元を去ってしまいました。

全てを失ったガートナーはどん底に突き落とされたことでしょう。
しかし、世の中は残酷。。。不幸はまだ続きました。
なんと駐車違反料金(約12万円)を滞納し、刑務所に服役する事になってしまったのです!
逮捕されるなんて、なんて不運な…。
ガートナーは10日間あまり服役します。

さらにさらに不幸は続きます。
ガートナーの元を去っていった元妻が、子供を無理やり押し付けてきたのです!
なんてひどい奥さん。。。
ガートナーは、子供との同居を認めてくれない下宿を追い出されてしまいます!
つまり、ホームレス。子連れホームレスになってしまったのです!
食事は貧困者のための施設で支給されたものを食し、夜は地下鉄の駅や空港で寝る毎日。
これ以上のどん底はないでしょう。ガートナー30歳のときでした。

もはや失うものなど何もないガートナーは、ここから猛烈な再起を図ります!
再び株式ブローカーの見習いとなり、頑張ったのです。
きっと、以前と同じ失敗を犯さぬよう、必死で努力したんでしょうね。
その努力が大手の証券会社の目に留まり、スカウトされたのです。

まさに人生大逆転
そこからは着実にキャリアを重ね、1987年に冒頭で紹介した「ガートナー・アンド・リッチ証券」を設立したのです。
今では、ニューヨークとサンフランシスコの2拠点を中心に、累計約50億ドル(約5千3百億円)もの取引を重ねてきたといいます。
正直どんな投資手法なのかとうことは全く不明なんですが、凄いですよね。

押しも押されぬ金持ちになったガートナー。
アメリカンドリームを感じますね。。。


ちなみに、このガートナーの物語はウィル・スミス主演で映画化が決定しているそうです!
そちらもお楽しみに!

~これまでの偉人(金持ち)達~
世界の偉人(金持ち)達 ⑤ 「ベンジャミン・グレアム バリュー投資」
世界の偉人(金持ち)達 ④ 「ベンジャミン・グレアム」
世界の偉人(金持ち)達 ③ 「ウィリアム・ギャン」
世界の偉人(金持ち)達 ① 「ウォーレン・バフェット」


ロンドン同時多発テロ

本当は今日は機械受注の発表なので、貧乏兄さんはその考察をお届けしようかと思ってたんですが、そんなこと言ってられない出来事が起こってしまいました。
貧乏兄さんはブログに政治的なアイデンティティとか持ち込むつもりはサラサラないですし、特にアメリカが好きとか嫌いとか、イギリスが好きとか嫌いとか、一切ないのですが、テロとかやっぱりいやです。。
あと、非常に私事なのですが、今貧乏兄さんの両親(貧乏父さん母さん)がたまたま外国(西側某国)に行ってまして、ちょっと心配。

この事件によって、市場も混乱するでしょうが、今日はあえてそれについては触れないでおこうと思います。(ただ、NYは最終的に反発したみたいですね。)

なんだかちょっといつもと違う内容になってしまいましたね。
でも、明日はいつも通り「見習え世界の偉人(金持ち)達」をお届けするのでお楽しみに!
日曜日には「給料大解剖!」をお届けしますね。

ほんのり嬉しい配当ゲット!

こんにちは、貧乏兄さんです!
さてさて、この時期株式投資をしている人にとっては結構楽しいシーズンですね。
最近はあんまり流行ではないかもしれないですが、今はまさに「配当」シーズン
3月決算の会社は通常6月に株主総会を行って、株主総会で利益処分案が可決されます。
そこで、配当額が決定されて、大体6月末~7月上旬に株主に配当金が支払われるので、今が「配当」シーズンになるわけです。

最近は株式投資をしている人の殆どはキャピタルゲイン(値上がり益)ねらいで、インカムゲインである「配当金」に期待する人ってあまりいないかもしれないですね。
かくいう貧乏兄さんも、基本的に配当利回りに期待して投資をすることはないです。
ただ、塩漬けしちゃった銘柄の場合、配当金がでるとうれしいですよね。

貧乏兄さんの場合、全ての銘柄が塩漬け中なわけですが(涙)、トッパンフォームズ(7862)から配当金が届きました!
トッパンフォームズは激しく含み損を抱えているんですが(参考⇒こちらのエントリー)、実は配当利回りが結構いいんです。
中間配当込みで年間23円
株価は2005年7月7日現在で1,249円なんで配当利回り約1.8%
かなり良くないですか??

貧乏兄さんは800株フォルダーなんで、9.200円ゲットしました!
微々たる金額といってはそれまでですが、ほんのり嬉しいです!

今度、「兄さんのお勧め銘柄」で配当利回りの高いお勧め銘柄を特集しますね。
お楽しみに。

なるほど経済指標 七の巻 「景気動向指数ってなに?」

さぁ、「なるほど経済指標」のコーナーも7回目を迎えました!
結構回数重ねてますが、重要な経済指標はいっぱいあるんで、ネタには困りません(笑)

今日は「景気動向指数」を取り上げようと思います。
毎度おなじみですが、本日発表の指標なんです。
まさに絶妙(笑)今日取り上げずに、いつ取り上げるという感じですな。
「景気動向指数」という指標名からすると、景気の動向を示す指標なのではないかと思えますが、どうでしょうか?

◆経済指標 七の巻 「景気動向指数ってなに?」

上で景気動向指数は、指標名からして景気の動向を示す指標なんではないか・・・と書きましたが、ぶっちゃけ正解です(苦笑)
「景気動向指数」とは、まさに「景気の動向を示す指標」なんです。
なんて簡単な…という感じですが(笑)

「景気動向指数」は内閣府が発表している指標で、毎月上旬に前々月分が発表されます。
「DI」っていう言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「DI」とはまさに「景気動向指数」のことです。
何を表しているのかというと、景気が上向きか下向きかを総合的に示しているんです。
総合的にというのは、生産や雇用、売上など様々なデータを統合して指数化しているからです。

さて、せっかく本日発表されているんですから、見てみましょう!
こちらが本日発表の「景気動向指数」です。

「景気動向指数(DI)」の中身を見てみると、「先行DI」「一致DI」「遅行DI」の3指数があります。
(実際にはDIの他にCIという種類もあるんですが、ここでは省略させて下さい)
これから、それぞれについて説明しますね。

「先行DI」は景気に先行して動く指数で、景気の動きを予知することを目的としています
指数が50%を上回っていると、半年くらい先までは景気が拡大する傾向にあると推測することができます。

「一致DI」は現在の景気を表します。
現在の景気とほぼ一致して動くので、この指数が50%を超えていると、現在の景気が拡大傾向にあると言えるようです。

「遅行DI」は変わっているのですが、景気に対して遅れて動く指数です。
この指数が50%を上回ると、過去1年から半年の間に景気が拡大傾向にあったということが読み取れます。
過去を確かめる指数なんですね。
景気の転換点や局面の確認に用いられるそうですよ。

ざっと説明してしまいましたが、どうでしょう。
ご理解いただけたでしょうか。

一般的に言って、一致指数が3ヶ月連続50%以上であると景気拡大局面にあると市場は判断する傾向があるそうです。
つまり、一致指数が3ヶ月連続50%以上であると、株価は上がりやすい…ようです(約束はできませんよ!)。

「景気動向指数」を見るときに一つ注意が必要なんですが、あくまでこの指数は「方向性」を見るためのものであるということです。
拡大局面にあるのか、収縮局面にあるのかという方向性をしめしているだけで、現在景気が良いか悪いかという実態は表していないんです。
当然景気が良いときは良いときなりに、収縮局面にあるときもあるだろうし、逆に景気が悪いときは悪いときなりの拡大局面があるわけですが、そういったものはこの指数からは読み取れません。
あくまで「方向感」の参考にするにとどめるようにしましょう。

しかし、かなり重要な指標であることに変わりないですから、発表時には目を光らせましょうね(笑)

さて、今日発表になった「景気動向指数」ですが、毎度おなじみロイターコメントは次の通りです。

先行指数が4ヶ月連続で50%割れなんで、う~むと思ったんですが、それほど悪い評価ではないみたいですね。
一致指数は50%越えですし。
表現どおり、まさに一進一退というところなんでしょうね。

いつ踊り場を脱却するんでしょうか・・・。

~なるほど経済指標バックナンバー~
一の巻 GDPってなに?
二の巻 日銀短観ってなに? 
三の巻 機械受注ってなに?
四の巻 失業率ってなに?
五の巻 貿易・サービス収支ってなに?
六の巻 鉱工業生産ってなに?

冷夏のお勧め銘柄2005

こんにちは、貧乏兄さんです!
皆さん、先週猛暑になった場合のお勧め銘柄をご紹介したのを覚えてますか?
(そのエントリーはこちらから)
とはいっても、今年は必ず猛暑になるとは限りませんよね。
そういうわけで、今日は「冷夏のお勧め銘柄」を紹介しようと思います!

基本的に経済は猛暑になった方が良いとされています。
飲料や観光、衣服など、一般的には猛暑になった方が商品がよく売れます。
そりゃ~、暑いほうがビールはすすみますしね(笑)
海にも行きたくなりますし、夏服もいっぱい買っちゃいますよね。
そのため、逆に冷夏は経済にマイナスといわれているんです。
でも、そんな冷夏の中でも、数は少ないですが値を上げる銘柄というものが市場には存在するんです。

覚えてますか、2003年を。
2003年は記録的な冷夏でした。。。
貧乏兄さんも、2003年の夏は寒くて海に一回も行かず、温泉につかって暖まったことを覚えてます。
そんな2003年冷夏の株式市場データをもとに、「冷夏になると株価が上昇しそうな5銘柄」をご紹介します。

◎冷夏のお勧め銘柄5

●農薬関係
冷夏になると、農業に打撃。
逆に、そんな打撃を打開するための農薬を販売している農薬銘柄が騰がるか(?)

日産化学工業(4021)
株価 1192円
PER  19.94倍
PBR  2.84倍

石原産業(4028)
株価 244円
PER  15.53倍
PBR  1.60倍

●米不足銘柄(?)
冷夏になると米不足に陥ります。
そうすると、米相場が急騰。
その結果、米不足にも関わらず、米関連銘柄に人気が集中するそうです。

ヤマタネ(9305)
株価 258円
PER  17.19倍
PBR  1.62倍

木徳神糧(2700)…優待で年間5000円相当の米殻を提供したそうな。無洗米大手。
株価 390円
PER  17.4倍
PBR  0.83倍

●冷凍食品銘柄
冷夏になると生鮮品が高くなります。
そうすると、相対的に冷凍食品が安くなり、良く売れるようになるそうです。

日本製粉(2001)
株価 487円
PER  17.54倍
PBR  0.97倍

※株価は全て2005/7/1の終値です
(週間ダイヤモンド調べ)

いかがでしょうか。。。
まぁ、そもそも冷夏になるという保証はないですが(苦笑)
投資の参考にしていただければ幸いです。
もちろん、投資は自己責任でお願いします(笑)


~お勧め銘柄特集バックナンバー~
「猛暑のお勧め銘柄2005」


今週の注目 (2005年7月第2週)

いよいよ7月になりましたね!
例年7月上旬っていうのは年初来高値を記録する銘柄が多いというデータがあるようです。
投資家にとっては楽しい季節のようですよ。

実際市場には追い風が吹いています!
7月1日に発表された「日銀短観」の結果は、先週お伝えしたとおり(その時のエントリーはこちら)!
市場の予測を上回るポジティブサプライズとなりました。
新聞の紙面を見ると、その捉え方は様々なようですが。。。
例えば朝日新聞なんかは、踊り場脱却まだまだというニュアンスでしたが、日経新聞などは「踊り場脱却」という活字が多く見られました。
果たして、景気の踊り場脱却なのか否か、今週の市場はそれを確かめる意味でも大いに注目したいと思います!

今週発表される主な経済指標はこんな感じです。

7/6(水)景気動向指数
7/8(金)機械受注

機械受注は以前「なるほど経済指標」でお伝えしたとおり、半年~9ヶ月先を予想するための代表的な先行指標です。
つまり、景気の回復が持続的なものになるかどうかを確認する意味で重要になりますね。
一方の「景気動向指数」は、またまたタイムリーに発表当日に「なるほど経済指標」で取り上げる予定なのでお楽しみに!





給料大解剖 第3回 「公認会計士の収入ってどうなのよ?」

こんにちは、貧乏兄さんです。
本日は大好評の「給料大解剖」特集の第3回です!
弁護士検事・裁判官と司法の門の方達の給料・収入をこれまで取り上げてきましたが、今日は司法試験に合格するのと同じくらい難しい、士族の雄、「公認会計士」さんの収入を取り上げたいと思います。
今日も涎もんの収入をお目にかかることになるのでしょうか??

まず、いかに公認会計士試験に合格するのが難しいかという点を説明いたしましょう。
公認会計士は、「医師」「司法試験」と並ぶ3大国家資格の一つです。
その合格率は、弁護士よりも若干高いものの、わずか8.4%…。
ただの8.4%じゃないっすからね。優秀な人の中の8.4%ですから、それはそれは難しいわけです。
現在公認会計士さんの人数は約1万5千人。
まさに選ばれた方々、少数精鋭のエリートですね。

公認会計士は試験(2次試験)に合格すると、そのほとんどが「会計士補」として監査法人に就職します。
入社時の肩書きは「スタッフ」
この「スタッフ」として実務経験を積み、3~4年後には晴れて「会計士」となり肩書きが「シニア」となるのが一般的です。

監査法人での昇格システムは概ねこんな感じです。

試験合格&入社

スタッフ(会計士補)
3~4年
シニア(会計士)
5~6年
マネージャ
10年(?)
社員
(?)実力と運次第
代表社員

代表社員には必ず誰もがなれるというわけではなく、運と実力、そしてなによりも世渡りのうまい人のみがなれるんだそうです。
現実にはマネージャ止まりの人がかなり多いといいます。

それでは気になる給料を見てみましょう!
大手監査法人4社(KPMG、トーマツ、あずさ、中央青山)の平均的な給料は次のような体系だそうです!

代表社員……1500万円~
社員…………1200万円~
マネジャー……800万円~
シニア…………600万円~
スタッフ…………480万円~


ふむふむ、そうですか。。。
というかどうですか、皆さん?
いや、たしかに高収入であることにかわりはないです。
だけど、何気に大手一般企業の給料体系と大差ないような気もしますね。
しかも、社員以上にはなれるかどうか分からないわけです。
若くして公認会計士になった人は、若いうち(マネジャー職)までは同年代の人間より高収入かもしれませんが、社員以上になれないと40歳くらいで一般企業に勤めている人に抜かれてしまうことも多そうです(涙)

なんか拍子抜けですねぇ。

しかも、またまたネガティブ情報になってしまうのですが、監査法人は一般大企業のような福利厚生は一切ありません!
しかも、退職金が極少(涙)
なんだか、ちょっと悲しいですね。
ここまでの情報をまとめてしまうと、「資格を取得するのが大変な割には高収入が望みにくい仕事」と言えるかもしれません。
もちろん、あくまで収入という面だけにスポットをあてての話ですよ。

以上は監査法人に勤めた場合の話ですが、独立しても決して一攫千金への道が容易に開けるわけではないようです。
というか、公認会計士資格を持っていながらにして独立しても、実際は税理士業務で生計を立てている場合が多いんだそうです。
もちろん、その収入はピンキリ。経営者としての才能にかなり左右されることになりそうですね。
なお、税理士さんの収入は後日この特集で取り上げるので、お楽しみに!

なんだか、ちょっとネガティブな話になってしまいましたがいかがでしたでしょうか?
次回はまだまだ続きます、士族シリーズ(?)。
やはり超難関資格である、「不動産鑑定士」さんの収入を取り上げたいと思います。


~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?








世界の偉人(金持ち)達 ⑤ 「ベンジャミン・グレアム バリュー投資」

さて、今回は先週取り上げた「ベンジャミングレアム」の投資手法である「バリュー投資」について掘り下げてみたいと思います。
グレアムについて詳しくは前回のエントリーに譲るとしますが、なんてったってForbes調べの世界第2位の金持ち「ウォーレン・バフェット」の先生ですからね。
それはそれは耳を傾ける価値はあるわけです。

では、ベンジャミン・グレアム先生のありがたーい「バリュー投資」の教えとはいかなるものなのか、見てみましょう!
すんごいシンプルな教えなんで、リラックスして読むべし。


グレアム先生の「バリュー投資」理論の中枢を要約してしまえば、次の3つに集約できます。


1.その株本来の価値はいくらくらいかを算定する。
2.そして、その株本来の価値よりも大きく値下がりした価格の時に買う。
3.マーケットは、短期的に本来の価値に比べて安くなりすぎたり、高くなりすぎたりと揺れ動くものだが、その動きを利用するのか、無視するのかどちらかに決めるべきである。


つまり、「その株を見積もり、それよりも激安なところで買え!」ってことですね。
シンプルでしょ。

株式市場は企業の価値だけでなく、意外と人間の心理に株価が左右されるものです。
時には、実際の企業の価値はそんなに高くないのに、流行やらなんやらで投資家から過信されて、ありえないような高値がつくことがあります。
また逆に必要以上の悲観論が先行し、いかに優良企業といえども、株式が暴落することがあります。

株式が暴落している銘柄だと、つい弱気になって買うのを敬遠しがちですが、グレアム先生のバリュー投資の教えでは、それが企業の実際の企業価値よりも著しく低い値であれば、まさにバーゲンセールであり、その時こそチャンスなんだというわけです。

例えば、実際の企業価値が1株あたり300円である「貧乏商事」という超優良企業があったとします。
しか~し、「貧乏商事」はその景気の悪い名前のせいか、財務体質・売り上げとも超良好であるにもかかわらず、投資家さん達から必要以上に敬遠され、株価が200円に低迷しています(泣)。
でも、しばらくすると投資家さんたちも「貧乏商事」の実力に気付き、適正株価である300円に戻すはず。
つまり、敬遠されている200円のときに買えば300円に戻ったときに1.5倍の利益が得れる(わ~い)・・・というのがグレアム先生のシナリオなわけですね。

なんやねん、こんなんあたりまえやんけ!という声が聞こえてきそうですが…その会社の適正な価値を見積もるというのにはある程度のリテラシーが必要になります。
それができる人と言うのはそんなに多くはないでしょう。
だから決して簡単な理論というわけではない、と貧乏兄さんは思います。

ただしただし、ここで気になる情報を。
実はこのグレアム先生の「バリュー理論」には弱点があります。

お気づきの人は非常にするどいっすね。
ずばり、「バリュー投資」は企業の「将来性」をまったく考慮してないんです
あくまで、企業の現在価値と株価を見比べるわけで、将来に対する見通しはナッシング。
グレアムは20世紀前半という不安定な経済情勢の中で活躍した投資家ですから、「将来性」という不確定要素を投資の指針にすることに抵抗があったんでしょうね。

バフェットもこう語ってます。

「グレアムのやり方がそのまま通用するのは1973年くらいまで」

ありゃりゃ(笑)

このように若干の弱点を抱えているグレアムの理論ですが、やはり見習うべき点が多い偉大な理論であることには変わりありません。
小難しい小癪な投資理論が横行する中で、グレアムの理論は投資を行うときの基本中の基本を思い出させてくれる気がします。
なんだか自分の投資法に迷ったり、自信を失ったりしたときに、グレアムの「バリュー投資」を思い出してみるとよいんではないでしょうか。

~これまでの偉人たち~
世界の偉人(金持ち)達 ④ 「ベンジャミン・グレアム」
世界の偉人(金持ち)達 ③ 「ウィリアム・ギャン」
世界の偉人(金持ち)達 ① 「ウォーレン・バフェット」


グレアム先生のバリュー投資をもっと知りたい方



世界騰落率ランキング(2005年1-6月)

さぁ、今日は2エントリーアップです!
なんか面白い記事があったので、どうしてもアップしたくなってしまいました(笑)
これは皆様に伝えなければ。。。ということで「世界の主要株式市場の騰落率ランキング」です。

とりあえず、世界の騰落率トップ10を早速見てください!
すごくないっすか?

順位国/地域名暴落率(2005年1-6月)
1アラブ首長国連邦104.8 %
2エジプト88.1 %
3ヨルダン75.0 %
4サウジアラビア65.5 %
5オマーン62.3 %
6カタール62.2 %
7ノルウェー26.3 %
8オーストリア24.5 %
9バーレーン 21.1 %
10デンマーク20.4 %

(世界の主要市場の騰落率トップ10)


う~む、素晴らしい(笑)
特に1位のサウジアラビア・・・100%以上は尋常じゃないっす。
100%以上ってつまり殆どの銘柄が倍以上になったってことですよね。
ミラクルですな。

他にも上位は中東勢が占めております。
これは皆さんご存知「原油高」の影響ですね。
中東以外にランクインしているノルウェーなんかも実は産油国なんです。

ちなみに、このランキングにはジャスダックがトップ10圏外ですが、11位に位置づけてるんですよ。
ちょっと意外。健闘してるんですね。

いかがでしたか?
夢が膨らんだでしょう。
こう見ると外国株もいいなぁって思っちゃうんですけどね。
やはり外国進出は日本を制してから(笑)ってことで、貧乏兄さんはとりあえず国内で頑張る予定です(笑)
外国・・・怖いしね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。