貧乏兄さんの金持ち父さんへの道

給料アップ&投資による副収入アップで目指せ金持ち父さん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第12回 「テレビ局員の収入ってどうなのよ?」

やってまいりました、大体週に1度お送りしている「給料大解剖」のコーナーです。
貧乏兄さんのサイトはマネー全般について取り扱っているんですが、殆どのアクセスはこの「給料大解剖」のコーナーに集中しているみたいですね(笑)
それだけに、貧乏兄さんとしても「給料大解剖」のコーナーを書くに当たっては責任を持ってお伝えしなくてはいけないなぁって思ってます!

さて、前置きはこれくらいにして、今日は「テレビ局員」の方々の収入について見ていきたいと思います。
まず始めに言ってしまいますが、テレビ局員の収入はかなり高いことが予想されます(笑)
一口にテレビマンといっても、大手キー局の局員の職種には色々あります。
製作編成営業報道ライセンス管理アナウンサー業務管理系(経理や財務、人事や総務等)など様々あります。
部署によって残業時間も大分異なるため、その分年収にも若干の差がでてるかもしれません。
しか~し、そんなことを差し引いても、全体的に高年収が期待できるのは間違いないっす。
なぜなら、貧乏兄さんにもテレビ局員の知り合いがいるんですが、まだ30そこそこなのに外車乗り回してますから(笑)
もちろん、めちゃくちゃ良く働いてるみたいですけどね。

さぁ、そんなテレビ局員(大手キー局)の方々の年収を覗いちゃいましょう!
今回はランキング形式でお届けします。

1位 フジテレビジョン1567万円
2位 日本テレビ1462万円
3位 TBS1443万円
4位 テレビ朝日1358万円
5位 テレビ東京1135万円
番外 NHK約1000万円

まじで凄くないっすか?
サラリーマンでこの平均年収は普通望めないでしょう。
もちろん、一企業でのし上がって、部長以上になればこれくらいの給料をいただけるかもしれません。
でも、ここで紹介しているのは、テレビ局内の平均年収ですから!
もっともらっている人もいっぱいいるんでしょうね。
こりゃもう凄いとしかいいようがないです。

ちなみに、ちょっと気になるアナウンサーの人たちの給料がとある雑誌に暴露されたことがあります。
ちょっと参考までにご紹介しましょう!
フリーじゃない、あくまで局アナの方の年収です。

・西尾由佳理(1,500万円)日本テレビ
・鈴江奈々(1,300万円)日本テレビ
・小林摩耶(1,200万円)TBS
・小倉弘子(1,700万円)TBS
・高島彩(1,300万円)フジテレビ
・中野美奈子(1,200万円)フジテレビ
・戸部洋子(900万円)フジテレビ
・滝川クリステル(800万円)フジテレビ
・河野明子(800万円)テレビ朝日
・武内絵美(1,000万円)テレビ朝日
・堂真理子(700万円)

うぅむ、つまりこれを見る限り、アナウンサーと言えどもテレビ局の中では、あくまで一つの部門(職種)に過ぎないってことですかね。
特にテレビ局の中で際立って高いということはなさそうです。
ちなみに、アナウンサーさんの年収ランキングなるものを一応ご紹介!

1位 松尾紀子(2,700万円)フジテレビ
2位 益田由美(2,600万円)フジテレビ
3位 吉崎典子(2,400万円)フジテレビ
3位 宮崎泰子(2,400万円)テレビ朝日
5位 豊田順子(2,300万円)日本テレビ
5位 吉川美代子(2,300万円)TBS
5位 阿部知代(2,300万円)フジテレビ
8位 笛吹雅子(2,200万円)日本テレビ
9位 小栗泉(2,100万円)日本テレビ
9位 松本志のぶ(2,100万円)日本テレビ
9位 田代尚子(2,100万円)フジテレビ
9位 大下容子(2,100万円)テレビ朝日

(Narinari.comより引用)

これが、フリーになるとめちゃくちゃ増えるみたいです。
あの、安藤優子アナの年収は2億円だとか…。
溜息がでますね(笑)

次回は、もうちょっと庶民的な職業の収入をご紹介しましょう(笑)!
お楽しみに!

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?
第8回 大学教授の収入ってどうなのよ?
第9回 教師の収入ってどうなのよ?
第10回 銀行員の収入ってどうなのよ(大手銀行編)?
第11回 銀行員の収入ってどうなのよ(地方銀行編)?


スポンサーサイト

banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第11回 「銀行員の収入ってどうなのよ(地方銀行編)?」

こんにちは!貧乏兄さんです。
前回の「給料大解剖」のコーナーでは銀行員、それも大手都市銀行(いわゆりメガバンク)の方々の給料をご紹介しました。
正直、高収入でしたねぇ。
やはり、大手銀行の給料は下がったと言ってもまだまだ高水準にあるんだなぁという印象でした。
いやいやうらやましい。

今回は同じ銀行でも、いわゆる地方銀行(地銀)の方々の年収がどれくらいなのか探ってみたいと思います。
やはりメガバンク並みにたくさん給料をもらってらっしゃるのか、はたまたちょっと悲しい状況なのか、見てみましょう!

ちなみに、そもそも地銀には地方銀行(第1地銀)と第2地方銀行(第2地銀)という区分けがあります。
地方銀行は、もともとからある地方銀行のこと。
第2地銀は、もともとは相互銀行と呼ばれていた銀行です。
今回の「給料大解剖」で取り上げる「地方銀行」はこの第1地銀と第2地銀をあわせて「地方銀行」としようと思います。
ちょっとヤヤコシイっすね。

前置きは長くなりましたが、給料はこんな感じ!

地方銀行(第1地銀)
平均年収 約620万円

第2地銀
平均年収 約580万円

う、う~む正直上の数字は地銀のかなり厳しい実態を物語っていそうです…。
大手行が軒並み1000万円オーバーなのに比べると酷い有様。
でも、平均にすると600万円前後ですが、これは地銀によってか~なり収入にバラツキがあるからなんです。
代表的な収入の多い地銀と、収入の低い地銀を紹介してみちゃおうと思います。

収入の多い地銀
もみじホールディングス 980万円
第四銀行 850万円
四国銀行 830万円

収入の少ない地銀
ほくほくファイナンシャルグループ 213万円
福島銀行 396万円
大東銀行 478万円

正直、上記情報はちょっと古いものかもしれないので、現在全くこれと違うんだ!っていう指摘がありましたら、貧乏兄さんまでお知らせくださいませ。
収入の多い地銀は、四国銀行や第四銀行以外にも、地銀の中の優等生である「横浜銀行」「静岡銀行」「千葉銀行」なんかも同程度であると思われます。
しかし、もみじホールディングスは群を抜いていますねぇ。
収入の少ない地銀は…貧乏兄さんだったら速攻辞めてそうです(苦笑)
っていうか、はっきりいって生活に困ってしまいますね…。

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?
第8回 大学教授の収入ってどうなのよ?
第9回 教師の収入ってどうなのよ?
第10回 銀行員の収入ってどうなのよ(大手銀行編)?





banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第10回 「銀行員の収入ってどうなのよ(大手行編)?」

こんにちは、貧乏兄さんです!
今日はお待たせの給料大解剖第10回をお送りします!
ついに、このコーナーも10回を迎えたと言うことで、貧乏兄さんも感慨深いです。

さて、これまで給料大解剖のコーナーでは弁護士などの士族や教師など、いわゆる非サラリーマンの人の年収について多く取り上げてきました。
でも、これからはサラリーマンの人の給料にウェイトをシフトしていこうと思います。
なんてったって、日本はサラリーマンの国(笑)
サラリーマンの給料を取り上げないでは始まらないっすよね(笑)

というわけで、今日はサラリーマンの代表格(?)である銀行員の方達の収入についてご紹介します!
なんか、銀行ってサラリーマンにとってのブランド的な存在ですよね。
一昔前は、学歴のある人間は銀行に就職することが一つのステータスになっていました。
やはり、それは銀行が安定性に優れ高収入であり、世間体も良いからでしょう。
バブル崩壊後、銀行の地位は多少落ちてしまった感もありますが、それでもやはり根強い銀行人気。
それはやっぱり高収入であるからなんでしょうかね?
銀行員の方々、特に今日は大手銀行(メガバンク)に勤めている銀行員の方々の年収を覗いてみましょう。

早速細かいお話は抜きにして、4大メガバンク+αの40歳時点の推定年収をババッと提示しちゃいましょう!
東京三菱銀行1300万円
三井住友銀行1150万円
みずほ銀行1100万円
UFJ銀行960万円
りそな銀行800万円

色々な情報を整理すると上記ぐらいの年収ではないかと推定されます。
もし、全然違う!って言う場合は貧乏兄さんまで連絡ください。

しっかし、バブルはじけて給料削減されたって言う割には高収入じゃぁありませんか。
サラリーマンにしては、間違いなく高収入ですよ。
あと目に付くのは、銀行によって大分差があるなぁっていう点でしょうか。
トップの東京三菱りそなでは年収にして500万円もの差があるんですね。
りそな銀行に勤めている方は、東京三菱がうらやましいでしょうねぇ。

ちなみに、上記はあくまで40歳時点の給料です。
銀行員の方って言うのは40歳過ぎから評価等によって進む道が人によってかなり分かれてくるようです。
人によっては出向となり、給料が下がってしまう場合もあるようですが、支店長になったりすると、さらなる年収の上昇も望めるようです。
参考までに支店長レベルの年収は銀行によっても異なるでしょうが、1400万円~1700万円程度なんだとか!
うらやましか~。

次回はメガバンクではなく、地銀(地方銀行)の方々の給料を取り上げます!
お楽しみに!

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?
第8回 大学教授の収入ってどうなのよ?
第9回 教師の収入ってどうなのよ?






banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第9回 「教師の収入ってどうなのよ?」

さて、今回は「教師」の給料を取り上げようと思います。
前回は「大学教授」の収入を取り上げましたが、今日は高校・中学・小学校の先生達の給料の実態をお送りします。

先生の仕事って言うのは非常に大変だと思います。
勉強を教えるだけでなく、生徒を一人前の大人にしなくてはいけない、責任ある仕事。
プレッシャーやストレスも相当なものだと思いますが、果たしてそれに見合う年収をゲットできる仕事なのかどうか見てみましょう!

そもそも、学校の教師になる時の選択として、公立の学校の教師になるのか私立の学校の教師になるのかというのが重要なポイントになります。
当然私立は、就職する学校によって収入は千差万別。
しかし、一般的に行って小中高とも公立より私立のほうがお給料がいいんだそうです。
中高一貫の名門私立などの場合、30前後で大台に乗る!なんて学校もあるとかないとか・・・。
そんな学校の駐車場にはなぜか外車がズラリとならんでるらしいっすよ。
いやいや、うらやましい。
もちろん全部が全部そんな学校ばかりではないのでしょうけど。

このように、私立は学校によって給料格差が大きいので、ここからは主に公立の学校の給料の実態をお届けしようと思います。

公立の小中高校の教師の人は職業としては「公務員」になるわけですが、実は一般の自治体の役所に勤める人よりもちょっと多く貰ってます。
教師の初任給は19万8千円だそうですが、これは役所の行政職に比べてなんと1割も上回っています!

この後、公立小学校・中学校・高校とも、教師の給料は年齢に従って上昇していきます。
とある雑誌(お馴染み週間ダイヤモンド)に45歳時点の小中高の教師の給料が公開されていたので引用すると

45歳の小学校・中学校教員の給料
基本給+手当(月額)…54万1317円
ボーナス…225万6948円
年収…875万2752円

45歳の高校教員の給料
基本給+手当(月額)…55万3780円
ボーナス…231万4527円
年収…895万9887円


どうっすか?
正直貧乏兄さんはこれを正当に評価できないです。
もちろん、学校の先生の仕事と言うのは冒頭に述べたように非常に大変な仕事だと思います。
でも、上に示した年収が高いか低いか別として、どんなに熱心に仕事に取り組んでいようがいまいが、どうやら上の年収になるんだそうです。
つまり、民間ではいまや当たり前である、「実力主義」のかけらもないのが公立教師の給料の実態みたいですね。
ちょっと、一生懸命にやってる熱心な先生がかわいそうな気が…。

ただ、このサイトは純粋にマネーを追求するサイトですから、教師(公立)への道を収入と言う観点から評価すると
「大金持ちにはなれないが、安定的収入を求めるなら教師」
といえそうです。

あと、個人的には上でちょっと紹介した「私立」の小学校・中学校・高校の教員の方がどれくらいの収入なのか非常に気になります。
情報あれば、コメントへの投稿をお願いします(笑)

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?
第8回 大学教授の収入ってどうなのよ?


banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第8回 「大学教授の収入ってどうなのよ?」

こんばんは、貧乏兄さんです!
今日は「給料大解剖」のコーナーです。
今回の給料大解剖では「大学教授」を始めとする大学の先生達の給料を暴露していきたいと思います!

大学っていうのは良く象牙の塔とかっていわれますが、正直内情が良く分からないですよね。
貧乏兄さんもその内情は良く分かりません(苦笑)
しかし、かなり限られた情報をかき集めてみましたので、ご紹介しましょう!

まず、大学の先生といえば、まず「大学教授」を想像しますが、すぐに教授になれるわけではありません。
大学教授とはいわば頂点であり、教授になるためには、講師(非常勤講師や専任講師)、助教授というステップを踏んでいかなければなりません。
教授になれるのは、40代や50代になってからというのが通例であって、それまでの下積みは正直サラリーマン並みの苦労が必要なんです。
結構地道な職業なんですねぇ。

さて、では上で紹介した非常勤講師、専任講師、助教授、教授の給料をそれぞれ紹介しましょう!

まず、非常勤講師
これはアルバイト講師というべきものでしょう。
受け持つ講座なんかにもよるでしょうが、一講座で月数万というのもザラではないそうですよ。
ただ、有名人なんかが非常勤講師としてある講座を受け持つときなんかは物凄い破格の報酬が出るという場合もあるんだそうです。

次に専任講師
大学の中の平社員といった位置づけでしょうか。
大体500万円~600万円というのが相場みたいですね。
はっきり言って若いサラリーマンと大差ない水準ですねぇ。

助教授
ここでついに「教授」の称号が付きます(笑)。
助教授ともなると、社会的地位もかなりのものであるように感じますね。
しかしその収入の実態は…リサーチによると大体600万円~800万円くらいだそう…。
なんだか少なくないっすか。
イメージと現実は異なるんですねぇ。

いよいよ教授です。
大学教授ともなると、社会的地位もある身分。
さぞ高収入なんでしょうねぇ。
ということで、だいたい年収がどれくらいなのかといいますと、1000万円~1500万円程度というのが相場だそうです。
まぁまぁの収入であると思いますが、どうでしょう。
だいぶ助教授時の給料からはアップするようですね。
教授時点の収入は、大学によってか~なり差があるみたいなんですけどね。
なんとなくイメージよりは少ないかなぁと貧乏兄さんは思ってしまいました。

ただ、大学の先生達の収入を考えるときに見逃してはならないのが、大学の給料以外の収入。
例えば、論文や書籍を書いたときの印税収入や、外部で講義や講演をするときのギャラが結構な額になる方もいらっしゃるといいます。
場合によってはそういった収入が本業の大学教授としての給料を上回る場合もあるとか…。

それに、大学教授は明らかにサラリーマンよりは「自由」な職業ですよね。
貧乏兄さんはサラリーマンなので正直うらやましい。
だって、人によっては週休3日だったりするらしいですし、そもそも好きなことをライフワークにしてお給料をもらっている点はかなり魅力的に思えます。

すいません。話がそれてしまいましたね(笑)
最後に、参考までにアメリカの大学の事情に少し触れておきましょう。
アメリカの大学の給料水準は日本より高いみたいです。
大学ピラミッドの頂点である、「学長」ともなると大体4000万円くらいになるそうな!
特に高いのはワシントン大学で、なんと9000万円
う~ん、アメリカンドリーム(笑)

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 税理士の収入ってどうなのよ?
第6回 国家公務員の収入ってどうなのよ?
第7回 パイロットの収入ってどうなのよ?



banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第7回 「パイロットの収入ってどうなのよ?」

昨日はエントリのアップをお休みしてしまいました。
まぁ、夏ですし少しは遊ばないと(笑)
リフレッシュしたので、今日は気合入れてアップしますよ(笑)

さて、今日は最も好評の「給料大解剖!」のコーナーです。
これまで、難関資格系のお仕事を多く取り上げてきましたが、今日は資格というよりは手に職(?)系の最高峰といっても良い「パイロット(航空機操縦士)」の人の給料をお届けしようと思います。

パイロットといえば、人生ゲームをやったことのある人であればピンとくるんではないでしょうかね。
人生ゲームでは、パイロットが、最も収入が多いということになってるんです。
医者や弁護士というそうそうたる仕事が人生ゲームには用意されているんですが、それらを上回る給料がパイロットには割り当てられていて、子供ながらに「あぁ~、パイロットの人って金持ちなんだぁ」っておもったものです(笑)
しかし、それはあくまで人生ゲームでの話。
パイロット(航空操縦士)の人の収入の実態はいかがなものなのか、見てみましょう!

まず、航空機操縦士とはそもそもJAL(日本航空)やANA(全日空)などの社員、つまりあくまでサラリーマンなんです。
航空機操縦という特殊技能を所持していますが、サラリーマン・組合員であることに変わりありません。
そういった意味で言うと、「アナウンサー」なんかのイメージに近いのかもしれませんね。

ただ、やはりその給料の実態は相当なものであると分かりました。
パイロットには「副操縦士」から「機長」までという役職(ランク)が存在しますが、まだ航空機操縦士になりたての「副操縦士」でもなんと年収は1500万円
機長になるとなんとなんと3000万円
半端ないです…。

ただ、この年収というのはあくまで、JAL(日本航空)やANA(全日空)などの超大手航空会社に限った話。
これがスカイマークエアラインズや、AirDo(北海道国際国空)等の新興航空会社になるとJALやANA等の年収の半分程度になるといいます。

ただそれでも日本の航空機操縦士全体の平均の年収は1714万円
やはり最も高収入の望める職業の一つであることは間違いなさそうですね。
なんだか、今日はうらやましいやら驚いたやらで、赤字が多くなっちゃいましたね(笑)

あと、最後に一つ忘れてはならないのは、パイロット(航空機操縦士)になるのはとてつもなく難しいということ!
特に健康診断が厳しいことは有名で、少しでも視力が悪かったり、背骨が曲がっていたりしたら、即不合格になってしまうんです。
もちろん、それは実際にパイロットになった後も同じで、ずっと健康をキープしなくてはいけないわけです。
やはり、これだけの高収入に見合う、まさに「選ばれた人」しかなれないということのようですね。
それに、人命を預かっているわけですからこの収入は当然といえば当然な気がしますね。

最後にパイロットの人の給料(年収)をまとめましょう!
大手航空会社の機長…3000万円
大手航空会社の副操縦士…1500万円
パイロット平均年収…1714万円

(週間ダイヤモンド調べ)

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?
第5回 国家公務員の収入ってどうなのよ?






banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第6回 「国家公務員の収入ってどうなのよ?」

こんにちは、貧乏兄さんです。
「給料大解剖」のコーナーではこれまで弁護士公認会計士など士族の方の収入を中心にお届けしてきましたが、今回から士族を離れた職業の方々の給料をお送りしたいと思います。
士族の方っていうのは非常に少数なわけですが、これからより一般的な職業の方々の収入をお伝えしていきますよ。

さて、それで今日は何を取り上げるかというと、「国家公務員」の人の給料を取り上げようと思います。
言わば「霞ヶ関族」の方々ですね。
日本を動かしている人達で、一般的に言うとやはり「エリート」っていうイメージがありますよね~。
では、実態は果たしていかなるものか覗いてみましょう!

まず、そもそも一口に国家公務員っていってもその中にはれっきとしたランクが存在します。
良く知られている言葉で言うと、「キャリア」「ノンキャリア」に別れているわけです。

キャリアとは国家公務員Ⅰ種試験に合格したホンマもんのエリートさん。
国家公務員Ⅰ種ってすごい難しいんですよね。
東大でててもなかなか難しいっていいます。
一方のノンキャリアは国家公務員Ⅱ種またはⅢ種試験に合格して国家公務員になった人達です。

この入省時にどの試験を突破してきたかでその人のその後の人生がほぼ決まっているのが日本のお役所の特徴なんですね。
これは一般企業に勤めている貧乏兄さんから見ると非常にいびつなシステムだなぁって思ってしまうんですが…。
まぁ、そんなことは置いておいて、キャリア・ノンキャリアそれぞれの人達の収入がどんなもんか見てみましょうか!

国家公務員キャリアの人の年収の推移
25歳 378万円
30歳 557万円
40歳 941万円


国家公務員ノンキャリアの人の年収の推移
25歳 362万円
30歳 460万円
40歳 700万円


(週間ダイヤモンド調べ)

まず思ったのが、ノンキャリアの人かわいそうっす…。
これはちょっと低いなぁ。
だって、Ⅱ種Ⅲ種っていっても、やっぱり勉強して資格とってなる職業ですよね。
それにしては少しさびしい。
貧乏兄さんはこんなんではやる気を失ってしまいそうです。
でも、生活保障されている分やはり一般企業に勤めるより良いって判断するんでしょうか、皆さん。

あと、やはりキャリアとノンキャリアの人の間ではれっきとした給料格差が存在するようですね。
入省時はそんなに大差ないですが、40歳になると約250万円の差があるようです。

ただ、公務員は「手当て」がおいしいっていいますよね。
ちなみに上に示した年収には「調整手当て」が含まれていますが、国家公務員には他にも色々な手当てがあるみたいです。
結構やり玉に挙げられているから手当ては縮小方向にあるみたいですけどね。

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?

携帯電話で脳を活性化!
携帯電話を使用してさまざまな資格の問題にチャレンジ!
公務員の問題は脳を活性化にぴったり。いますぐチャレンジ!







banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ

給料大解剖 第5回 「税理士の収入ってどうなのよ?」

前回の予告どおり、今回は「税理士」さんの給料を取り上げます。
いや、給料というと語弊があるかもしれませんね…。
なぜなら、税理士さんは、そのほとんどが開業税理士だからです。


ここに全国の税理士約30000人を対象にしたアンケートの結果データがあるのですが、そのうち勤務者の方はわずか5000名程度。
それ以外は皆さん個人で開業されている「開業税理士」さんなんですね。

「組織にとらわれず、自分の力で道を切り開きたい!」
もしくは
「俺は自由人だ!」
とういう方は、税理士への道を目指すと良いかもしれませんね(笑)

そんな話はさておき、今日は税理士、それも「開業税理士」さんの給料を暴露していこうと思っております。

まず、恒例の如何に取得が難しいかをまずご説明しましょう!
税理士試験は11科目の中から必須2科目を含む、合計5科目に合格しなければいけません。
ただし、その5科目は1回で合格しなくてもOKなんだそうです。
なんで、多くの税理士を志望している方は、複数年でコツコツ合格を目指すのが主流のようですね。
そして、気になる試験合格率ですが、10%~18%
公認会計士や司法試験に比べると、やや高いですね。
ただ、難しいことに変わりはないでしょう。
大体、税理士を目指す人は合格までになんと5~6年もかけると言います(ひえ~)!
貧乏兄さんは気が短いのでゲッソリです…。

気になる給料・収入の方ですが、最初に触れたように、基本的に開業されている個人事業主の人が殆どなんで、スンゴイばらつきがあるようです。
そのバラツキ具合はこんな感じです。

税理士の収入こんな感じだそうです

300万円未満…24.0%
300万円~499万円…15.2%
500万円~699万円…13.9%
700万円~999万円…14.2%
1000万円~1499万円…12.8%
1500万円~1999万円…7.0%
2000万円~2999万円…5.1%
3000万円~4999万円…2.5%
5000万円~9999万円…0.8%
1億円以上…0.1%


(週間ダイヤモンド調べ)

いや~ピンキリですな(笑)
300万円から1億以上まで幅広~く分布してますねぇ。
おそらく、個人事業主である以上、まさに自分のやる気と能力次第なんでしょう。
そして、やる気と能力さえあれば、1億円プレーヤーも夢ではない!
税理士って正直「守り」の資格かと思ってましたけど、結構「攻め」の資格なんですね。
安定感は0ですけど、将来性は無限大。
ちょっと見る目変わります。

ただし、先ほどのデータは、いわゆる国税庁のOBで税理士をやっている方も含まれているので注意が必要です。
実は国税庁で実務経験を積むと、無試験で資格をゲットできちゃうんです!
何気に先の給料分布でいっぱい稼いでる方々はそんな国税OBさんが結構含まれているってことを考慮して、多少差し引いて考えてくださいね。

~これまで解剖してきた給料はこちら~
第1回 弁護士の収入ってどうなのよ?
第2回 検事や裁判官の収入ってどうなのよ?
第3回 公認会計士の収入ってどうなのよ?
第4回 不動産鑑定士の収入ってどうなのよ?


■1講座たった500円。
新時代の資格取得法とは?
携帯電話を利用した、資格学習方法。
いつでもどこでも学習できる。





banner_04.gif
にほんブログ村 株ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。